動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年10月12日

犬の散歩トレーニングやオスワリまで役に立つトレーニング法「マグネット遊び」とは?

ネタりか


犬が人間社会で暮らすためには、さまざまなトレーニングが必要です。トレーニングがされているということは、犬を危険から守ることにもなるのです。そんなトレーニングを行う前に覚えさせたい「マグネット遊び」もしくは「マグネット誘導」と呼ばれる基本トレーニングがあります。

散歩やオスワリのトレーニングで役に立つといわれており、まさにトレーニングのためのトレーニングです。

今回はそんな犬のトレーニング法の一つでもある「マグネット遊び」についてご紹介です。

マグネット遊びとは

女性の手を追ってお手をする犬

マグネット遊び、もしくはマグネット誘導とは、「犬の鼻先」と「おやつを握った人間のこぶし(グーの手)」を「マグネット(磁石)」に見立ててコントロールするトレーニングのことです。犬の鼻は黒いことが多いですが、この黒い鼻先をマグネットにみたてて、この名前がついたそうです。

このマグネット遊びができるようになると、散歩やオスワリのトレーニングの際に、犬の動きをコントロールすることができます。犬の身体を無理やりおさえたりせずに、してほしい行動へと導くことができる基本のトレーニングなのです。

トレーニング方法

女性の手を追う犬

実際にどうやってトレーニングをするのかみてみましょう。

フードを握る

まずは指令先となる人間のこぶしにフードを握ります。握ったこぶしは「手の平が上に向」くようにしましょう。ここで注意したいのがフードをつまむように持つことと、見せびらかすことはNGだということです。つまんで持つと指に噛みつかれる可能性があり、見せびらかすことで犬がフードが見えなければコントロール出来ないようになる可能性があるためです。

握りこぶしに集中させる

次にフードを握ったこぶしをパーの形に開き、犬へフードを与えましょう。ここで大事なのは犬が握りこぶしの中にフードがあることを認識し、集中の対象を握りこぶしに向けることです。

握りこぶしを覚えさせる

手に集中させたら、握りこぶしを犬の鼻先から少し離します。この時に犬が自分の鼻先をこぶしにくっつけてきたら、褒めてフードを与えます。犬が落ち着きなく無理やりフードを奪うような形になった場合は、一度落ち着かせてやり直しましょう。大事なのは「握りこぶしを追うといいことがある」と認識させることです。

握りこぶしを追わせる

犬が「握りこぶしを追えばいいことがある」と覚えたら、フードを握っていなくとも握りこぶしを目で追うようになります。握りこぶしでのコントロールが出来るようになれば、フードは握らずにコントロール後にご褒美を与える形にしましょう。

握りこぶしを使ったマグネット遊びができるようになったら、散歩の際の誘導やオスワリ、フセ、ジャンプ、足くぐりの際に、こぶしを追わせることで効果を発揮します。トレーニングを始める前の基本トレーニングとして、ぜひ握りこぶしを追うといったマグネット遊びを学習させてみましょう。

まとめ

こどものこぶしを見つめる犬

✔フードを握る
✔握りこぶしに集中させる
✔握りこぶしを覚えさせる
✔握りこぶしを追わせる

犬が人間と共に快適で安全に暮らすためには、さまざまなトレーニングが必要です。飼い主さんがコントロールできるということは、いざという時に愛犬の危険を回避することにもなります。特に散歩の際はしっかりと飼い主さんによるコントロールが必要ですよね。

また、マグネット遊びの際は必然的に飼い主さんのこぶしに注目することになるので、マテのしつけでも効果も発揮します。さまざまなトレーニングを行う前の基本として、ぜひマグネット遊びを習得させてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする