動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年10月12日

認知症になった犬との付き合い方

ネタりか


犬も年を取ると認知症になります。何だか最近様子がおかしい。徘徊や夜泣きをするようになった。そんな症状がみられるとき、認知症の可能性が考えられます。認知症になると犬は不安で思わぬ行動を起こします。

今回は犬の認知症と、認知症になった犬との付き合い方を考えてみたいと思います。

犬の認知症とは?

黒い犬

「認知症」とは、正確には「認知機能不全症候群」といいます。認知機能不全症候群とは、老化が原因で脳細胞が死滅(減少)し、それまで出来ていた行動ができなくなる、つまり認知機能が低下してしまう病気です。人間だけでなく犬や猫にも発症するといわれています。また、老化が主な原因のため、どんな犬も認知症になるリスクがあります。

症状

ソファーでくつろぐ犬

犬が認知症になると、これまで出来ていたことができなくなります。具体的には以下のような行動が見られます。

✔夜鳴きをする、吠える
✔トイレを失敗する
✔徘徊する
✔攻撃行動をする
✔寝たきりとなる
✔飼い主のことが分からない

対処法

人の手と犬

人間にしても、犬にしても、死滅した脳細胞はもとには戻らないのだそうです。そのため脳細胞の死滅が原因の認知症には、基本的には治療法がありません。病気になってしまってからの治療は難しいため、「認知症が発生する前」に脳の老化を防止することが重要なのだそうです。もちろん認知症が発症してからも、老化現象を更に進めないように対処が必要になります。

こららの認知症の発症、進行防止として、以下のような行動が推奨されています。

✔毎日の散歩コースを変える
✔歩く方向、歩く速度を変える
✔芸を教える
✔知育玩具で遊ばせる
✔マッサージをする
✔旅行など外へ連れ出す

これらは全て「脳を活性化」することが目的です。基本的に犬は同じ行動を好む傾向にあるようですが、若い頃から「脳を使うこと」自体を行動化しておくことが大切なのかもしれません。その他「抗酸化食品」や「抗酸化作用を持った食品」などを取り入れることも、推奨されているようです。

認知症になった犬との接し方

不安そうな犬

まず第一に飼い主さんが考えてあげなければならないのは、認知症になった犬は飼い主さん以上に「大きな不安や恐怖」を感じていることです。先に紹介した認知症になった犬の症状の中には、脳の老化が原因の問題行動だけでなく、これらの不安や恐怖が原因の行動も多く見られます。

実際にこれらの症状(行動)が起きた時、我々飼い主はどういった行動をすればいいのでしょうか。夜鳴きとトイレについて、具体的な対処法を考えてみましょう。

@夜鳴きをする、吠える

吠える犬

飼い主さんの生活に影響があるのがこれまでなかった「鳴き声」の問題ではないでしょうか。夜鳴きや意味もなく吠えているようなことがあれば、それは認知症になったことにより「不安」や「恐怖」「孤独」を抱えている可能性があります。

犬が夜鳴きをする場合は、できるだけ「昼間に寝かさない」ようにすることも一つの方法です。また、飼い主さんが添い寝をしたり、そばにいてあげたりすることで、負の感情をなだめてあげてください。

吠えることについては、犬の要求を読み取ることを意識してあげましょう。要求なく吠えている場合、気をそらしてあげたり、夜鳴きと同じように負の感情を解消してあげたりすることが大切です。

Aトイレの失敗

トイレを失敗する犬

老犬になったらトイレを失敗するのは当たり前だと考えましょう。失敗をして叱ったとしても、改めて覚えることはできません。それどころか叱られることによるストレスを犬に感じさせてしまいます。トイレの失敗が見られるようになったら、トイレを増やす、オムツの活用といったように、飼い主さんができることをするように考えを変えていきましょう。また、若いうちから室内のトイレに慣らせておくことも大切です。

その他にも「徘徊」による誤飲や迷子、「攻撃行動」による噛みつきなども、「これまで想定していなかったことが起こり得る」可能性を考え、事前に対処を考えてあげましょう。

まとめ

飼い主さんに添い寝される犬

愛犬が認知症になった時、どうかその不安や恐怖を飼い主さんは包み込んであげてください。どんな姿になっても、最期まで大切に飼うことが飼い主さんの責任です。多くの犬が最期のその時まで、飼い主さんの愛情に包まれることを願っています。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする