動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年11月13日

殺処分を減らそう 北九州市でどうぶつ愛護フェスティバル

Yahoo! JAPAN


犬や猫など身近な動物の生態を正しく理解し命の大切さを学んでもらおうと北九州市で動物愛護のイベントが開かれました。

このイベントは、動物の愛護と適正な飼育について関心を深めてもらおうと開かれたもので、会場ではペットの健康に関する相談会や警察犬の模擬訓練も披露されました。

また捨てられるなどして、保護された犬や猫の飼い主を探すコーナーも設けられました。

北九州市内の犬と猫の殺処分数は、動物愛護条例が施行された8年前の1891匹から大幅に減り、昨年度は犬と猫あわせて29匹にまで減少しています。

▼北九州市動物愛護センター野田耕二担当係長インタビュー
「餌やりによって繁殖した動物が愛護センターに入って来る。
本当の愛護とはどういうことなのかを考えてかわいがってもらえればと思う」

北九州市は、2年後の殺処分ゼロを目指していて、市民に理解と協力を求めています。

テレビ西日本

posted by しっぽ@にゅうす at 08:10 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする