動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年03月13日

動物愛護知って 野洲で犬猫譲渡会合わせたマルシェ初開催

産経新聞


飲食店のブースでにぎわう市場(マルシェ)で、保護した犬や猫の譲渡会を行う「びわ湖わんにゃんマルシェ」が11日、滋賀県野洲市小篠原のアル・プラザ野洲の駐車場で始まった。

 気軽に立ち寄れる場で動物愛護を呼びかけようと、動物愛護に取り組む市民団体「びわこ犬猫ネットワーク」と市内の飲食店主らが共催。

 昨年、同ネットワークが飲食店主ら主催の「きらりマルシェ」にブースを出店したことをきっかけに、犬、猫の譲渡会も合わせて行う今回の形式にリニューアルした。

 第1回となるこの日は、譲渡会のほか、ペット用の雑貨店、飲食店など20ブースが出店。ペット連れや家族連れなど、多くの来場客でにぎわった。

 同ネットワークの川口ひとみさん(46)は「誰でも立ち寄れるマルシェで、ペットを飼っていない人も楽しみながら動物愛護について知ってもらいたい」と話していた。

 また、東日本大震災発生から7年に合わせ、ペット防災指導員による災害時のペットへの対応方法などの講座も行われ、来場者らは理解を深めていた。

 毎月1回、同駐車場で実施予定。問い合わせは同ネットワーク(電)070・1800・2677。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:26 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする