動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年04月13日

盛岡市で猫殺処分ゼロ達成 17年度、官民が連携

Yahoo! JAPAN


盛岡市保健所は2017年度、保護した猫の安楽死を除く殺処分ゼロを達成した。市保健所と同市のNPO法人などが連携し、保護猫の一時預かりや、新たな飼い主への譲渡を展開。年間200匹近かった殺処分を一気に減らした。県内全域では、依然として年間約400匹が殺処分されており、同市の取り組みの波及や、動物愛護精神の啓発が課題。命をつなぐための挑戦が続いている。

盛岡市で猫殺処分ゼロ達成 17年度、官民が連携
(写真:岩手日報社)
 市保健所によると、17年度の保護数は109匹。治療不可能で安楽死させた2匹を除き、新たな飼い主や民間団体に譲渡した。10年度は保護した223匹のうち、193匹を殺処分していた。

 市保健所は、動物いのちの会いわて(下机都美子代表)や、NPO法人もりねこ(工藤幸枝理事長)と連携。特にもりねこと17年度から展開した協働事業が効果的だった。保護猫の飼い主が決まるまで、一時預かりするボランティアを募集。預かり期間中の去勢、不妊手術などの医療費と餌代を支給した。保護できる数が増えて腰を据えた飼い主探しが可能になり、猫も人との暮らしに慣れた。

 もりねこは14、15の両日、同市本宮のイオンモール盛岡南で保護猫の譲渡会を開く。保護猫の譲渡や活動参加の問い合わせは同法人(019・613・7773)か市保健所(019・603・8311)へ。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:27 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする