動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年05月17日

犬の保護ボランティアの活動内容とは?

ネタりか



保護ボランティアとは


主な活動
保護ボランティアの主な活動は、保健所で期限が迫った犬の保護や身勝手な理由で飼えなくなってしまった人から保護したり、最近テレビにも取り上げられるようになった多頭飼育崩壊現場からの保護など、犬を保護しお世話や場合には病気の治療、そしてワクチンと去勢避妊手術を受けさせ時には人慣れさせてから里親探しをして、新しい家族を見つけてあげるまでの「命を繋ぐ」活動をしています。

このような活動を各地域でやっています。もし興味があれば自分の住んでいる地域で活動している保護ボランティアを調べてみましょう。

人手不足
命を繋ぐには、たくさんの人手が必要になります。保健所や飼えなくなったなどの問い合わせは溢れますが、保護してもお世話が出来なければ命は繋げません。

ほとんどのボランティアは、人手不足でボランティア募集をしていますが里親は広がってもなかなかボランティアについて詳しく広がっていないのが現実です。

どんなことをするの?


犬の散歩やお世話
保護した犬の散歩やブラッシングやご飯など、日常的なお世話をします。誰でも出来る簡単な事ですが、1匹だけではなくこれを何匹もこなしていきます。

清掃
犬達のお家の清掃もやります。トイレや小屋など綺麗な状態にしておかないと病気になってしまう事もあります。綺麗に保ち、新しい家族を待つ間もあまりストレスを与えずに保護していきます。

洗濯
毎日たくさんのタオルや毛布などを使うので、洗濯も重要な仕事です。これらを1日何回も回し、干すという作業が必要になります。

その他
譲渡会イベントのお手伝いもします。譲渡会では、新しい家族が見つかるチャンスです。リボンやネクタイなどを付け素敵なオシャレして犬達は会場にいます。お客さんに性格やこんな子なんですと説明したり、ブースがある場合は接客したりして譲渡会を盛り上げていきます。そして、事務所での事務作業や軽作業もあります。これらは団体により含まれない場合もあります。

色々なボランティア


預かりボランティア活動
お世話やイベントでのお手伝いだけではなく、お家で犬をお世話するボランティアもあります。預かりボランティアとは、里親が見つかるまでお家で保護し人慣れや環境慣れする為にやっている場合もあります。これも大事なボランティアです。現地に行くのは少し難しい方も居るかもしれません。そんな方もボランティアに参加出来る方法になっています。

寄付
時間や予定が合わずに活動に参加出来ないという方は、寄付をしてみてみませんか。保護ボランティアはもちろんボランティアなので、寄付や物資などの助けがあり活動出来ています。ですが、とても大事な事なのです。金銭寄付がなければ、病院も行けません。物資寄付が無ければ、フードやトイレシーツなどが底を付いてしまいます。このように、寄付により活動が広がり、繋げる命が増えていきます。

※活動内容やボランティアについては、全ての団体が同じ内容ではありません。
ご自分の地域で検索しそれぞれボランティア団体のHPで詳しい内容や活動を確認してみましょう。

終わりに


保護ボランティアによって繋がった命はたくさんあります。殺処分も免れた犬もたくさんいます。たくさんの命を繋げる活動に、一人一人の力が必要です。一人の勇気ある一歩が大きな一歩になるのです。自分の地域で命を繋ぐ活動をしているボランティアを探して参加してみましょう。きっととても素晴らしい経験を手に出来る事でしょう。



posted by しっぽ@にゅうす at 06:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする