動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月19日

愛犬の避妊・去勢手術。メリット・デメリットを知っていますか


Yahoo! JAPAN



避妊・去勢手術のメリット
望まない妊娠を防ぐことができ、発情したときのストレスや興奮を予防することができます。さらにしつけトレーニングもしやすくなり、オスの場合は早めの去勢手術がマーキング予防にも。メスは子宮蓄膿症や卵巣腫瘍、乳腺腫瘍などの予防、オスは精巣腫瘍や肛門周囲腺腫、前立腺肥大などの病気の予防につながるとされています。

愛犬の避妊・去勢手術。メリット・デメリットを知っていますか
避妊・去勢手術のデメリット
避妊・去勢手術のデメリット
避妊・去勢手術は生殖能力をなくす手術なので、当たり前ですが繁殖ができなくなります。そして術後は太りやすくなるため、散歩量を増やすなど愛犬が太らないための対策が必要です。メスはオスに比べると、ホルモン反応性の尿失禁症になることも多いそう。

愛犬の避妊・去勢手術。メリット・デメリットを知っていますか
避妊・去勢手術の適正時期
避妊・去勢手術の適正時期
避妊・去勢手術に「何才まで」という明確な決まりは設けられておらず、小・中型犬か大型犬かで適正時期が異なります。小・中型犬のメスは初回発情前、オスはマーキングを始める前(6カ月齢くらい)が、病気予防の観点からも適した時期とされています。大型犬については、早めに手術すると骨の成長バランスが崩れるおそれがあるため、生後10カ月までは最低でも待ったほうがいいでしょう。

愛犬の避妊・去勢手術。メリット・デメリットを知っていますか
手術にかかる費用
手術にかかる費用
去勢手術の目安費用は3.8万円〜ですが、動物病院や犬の体重などで手術費用や入院日数は異なります。一方で体を切る範囲が広く、麻酔時間も縫合に使う糸も長い避妊手術は、目安が4.6万円〜と去勢手術よりも費用が高くなる傾向にあります。

手術をする際は、事前に問い合わせておくと安心ですね。一般的には預けた日に手術、翌日に退院というケースが多いのですが、院内で吠えるなど傷口の回復に影響する場合は、日帰りになることもあります。

愛犬の避妊・去勢手術。メリット・デメリットを知っていますか
術後の過ごし方と注意事項
術後の過ごし方と注意事項
必ず傷口の保護を
傷口をなめたり汚したりすることで、菌が入り化膿する原因になってしまいます。愛犬が気になって糸を引っ張ってしまうと、傷跡が開いてしまうことも…。エリザベスカラーや術後服を着用させるなど、抜糸までは傷口の保護を欠かさないようにしてくださいね。

術後2〜3日は散歩を控え、過度な運動はNG
傷口が汚れたり、縫った箇所に腹圧がかかったりしないよう、術後2〜3日は散歩を控えましょう。もし外でしか排泄しない犬の場合は、短時間であれば外へ連れ出してもOK。術後2〜3日過ぎならある程度の散歩は問題ありませんが、ドッグラン、何度も走らせるなどの過度な運動は、傷口が開いてしまう原因になります。


飲水量のチェック
エリザベスカラーを付けていると、水飲みボウルをひっくり返してしまう、カラーが床にあたるなど、思ったように水が飲めないこともあります。飲水量を毎日チェックし、水飲みボウルを台の上に置くなど、愛犬が水を飲みやすいような工夫をしてあげてください。

抱っこは傷口に負担がかからないように
抱っこをする際には、患部に触れないようにおなかを下にして、背中が水平になるようにしましょう。傷口に負担のかかる縦抱っこ・あおむけ抱っこは、抜糸が終わるまではしないのがベスト。愛犬の体にメスを入れなければならないため、避妊・去勢手術をするべきか思い悩んでしまいますが、決して必須というわけではありません。まずは飼い主さんが、避妊・去勢手術のメリット・デメリットをしっかりと理解することから始めましょう。「どんなリスクを避けたいか」といった視点も踏まえて、愛犬にとっても飼い主さんにとってもベストな選択をしてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『避妊・去勢手術体験談』(監修:東京動物医療センター(東京都杉並区)副院長 南直秀先生)
文/佐藤
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 04:31 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする