動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年06月27日

保護犬・保護猫と暮らす「障がい者グループホーム」開設

けあNews



株式会社CARE PETS(ケアペッツ)は、千葉県八千代市にミニチュアシュナウザーの保護犬”さだはる”を迎え、新規事業である保護犬・保護猫と暮らす障がい者グループホーム(共同生活援助)「わおん」を6月1日付で開設した。


障がい者グループホーム「わおん」
同社が2018年に立ち上げた新事業「わおん」シリーズのひとつで、様々な障がい者が一緒に暮らせる施設になっている。他にも愛犬と通えるデイサービスやペットと一緒に暮らせる老人ホームなどがあり、「人間福祉と動物福祉の追求」を理念に掲げている。

保護犬・保護猫と過ごせる他にも、常駐看護師や理学療法士による、介護度の高い施設で、今回は保護犬1匹目の”さだはる”を迎え開設した。

動物と暮らす
命を預かることで責任感を持つことや、アニマルセラピー効果でストレス軽減や自立の支援になることを期待している。

また、障がい特性の人見知りや、他者と打ち解けられない入居者を、ペットを介してコミュニケーションをとるきっかけになればと考えている。

障がい者の支援の他にも保護犬・保護猫を引き取ることにより、殺処分を減らす目的がある。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社CARE PETS
https://care-pets.jp/

posted by しっぽ@にゅうす at 06:51 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする