動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年07月11日

これで安心、猫が飽きずにおりこうさんでお留守番ができる方法

Yahoo! JAPAN



お留守番の心配事
猫と暮らす上で主に心配なことは、健康面と安全面ではないでしょうか。みなさん食事に気をつかっているかと思いますし、猫の安全のためにお部屋の家具を移動したお宅もあるでしょう。

それでも、飼い主さんの心配は尽きません。特に、お留守番をさせるとなると…。猫が危ないいたずらをしないか、きちんと餌を食べて待っているかなど、挙げればきりがありません。留守中に大好きな日向ぼっこをしながらお昼寝をしてくれると助かるのですが、そうもいきませんよね。そこで、猫に快適にお留守番してもらえる秘策をご紹介したいと思います。

前へ 1 / 2 次へ
これで安心、猫が飽きずにおりこうさんでお留守番ができる方法
これさえあれば、遊びもねんねもバッチリ?!狭くて暖かいアレ
これさえあれば、遊びもねんねもバッチリ?!狭くて暖かいアレ
猫は眠っている時間が長い生き物。安眠のためには、狭くて暖かい場所を用意してあげましょう。おりこうさんはいつもの寝床で結構ですが、まだお留守番練習中の猫は、このアイテムをお留守番時に投入してみてください。そのアイテムとは、狭くて暖かい段ボール! 

段ボールは、程よい弾力と遮音性があるため、ゆったり過ごしたい猫にとってベストアイテムなのです。また、耐久力もあるので、多少ダンボールより大きめな猫でも程よく拡がって耐えてくれます。
暖かくて静かな場所が好きな猫にとって最高のプレイスポットであり、リラックスゾーンになるでしょう。もしダンボールに興味を示さないときは、猫の匂いがついたタオルや毛布等を入れてあげると安心してくれます。

変化を感じられるアイテムで、ストレス発散



寝ている時間が長くて静かな環境を好むとはいえ、猫だって変化を感じたいと思っています。ずっと同じ場所で同じことを続けるのは難しいので、留守番中も安全に変化を楽しめる環境とアイテムを用意してあげましょう

おすすめなのは、外の様子を伺える場所をつくること。はっきりと見えなくても、猫は車や人の往来や、日差しの変化をなどを楽しんでいます。簡単に窓が開かないように施錠するなどの配慮は必要ですが、雨戸を締め切りにするよりも、ガラス窓越しに外の様子を伺える環境にしてあげてください。また、猫は動きのあるおもちゃも大好きですので、ひとりで遊べるお気入りを見つけてあげるのも良いですね! 

はじめてお留守番を頼むときは、飼い主さんも猫もドキドキかと思います。とはいえ、ずっとつきっきりでいるのも難しいですよね。まずは短時間のお留守番から様子をみて、少しずつ慣れてもらいましょう。

参考/「ねこのきもち」2016年2月号『ねこの好きなことTOP10』
文/riko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする