動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年07月12日

避難のペット無料で預かります 倉敷市内の12動物病院

山陽新聞



岡山県獣医師会は、西日本豪雨で被災者とともに避難所に避難したペットについて、倉敷市内の動物病院で一時的に無料で預かっている。11日現在、12カ所の動物病院で受け入れており、期間は7月中をめどとしている。

 ペットは犬や猫などを対象としているが、各病院によって異なる。原則として飼い主自身が持ち込む。預かる際に治療の必要があれば、料金が生じる場合もある。県獣医師会は会員である動物病院に対し、1頭につき1日千円を補助する。

 同行避難したペットを一時的に無料で預かる取り組みは、倉敷市内の一部ペットショップでも行っている。

 また県獣医師会は15日、獣医師4人が倉敷市真備町地区の二万小学校や岡田小学校などの避難所を巡回する予定。ペットの健康診断や相談に応じるほか、フィラリア予防薬の投与、ノミ・ダニの駆除薬配布を行う。いずれも無料。

 県獣医師会は、ペットを同行避難した際の注意点について「動物も人間と同じで、暑さには気を配る必要がある。気になる点があれば、巡回時に相談してほしい」と呼び掛けている。
(2018年07月11日 21時02分 更新)




posted by しっぽ@にゅうす at 09:23 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする