動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年07月13日

捨てられた犬の命に心痛む=中学生・井上朋美・12

毎日新聞


皆さんは、捨てられた動物を見たことがありますか? その動物の未来を知っていますか? 私は、道徳の時間に「捨て犬」について学びました。

 授業で読んだ資料によると、人間に捨てられた犬は捕獲され、動物愛護センターに連れて行かれ、約1週間後に殺処分となるそうです。犬たちのお墓はなく、産業廃棄物(ゴミ)として処理されます。私は資料を読んで、飼い主の身勝手な行動に腹が立ち、罪のない犬たちの命が消えるのに心が痛みました。動物を飼うには、それなりの責任が必要ということをわかってほしいと心から思います。

 いつの日か、私も動物を飼う時が来るかもしれません。その時は、動物愛護センターから引き取りたいと思います。他の動物と命の重さは変わりません。世界中のどこの動物よりも愛情を与え、育て続けたいと思います。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする