動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年04月14日

動物愛護のセンター整備へ 処分のイメージ払拭課題

Yahoo! JAPAN



佐世保市は、老朽化した市犬管理所(有福町)を移転し、相浦地区の市有地に市動物管理センター(仮称)を建設する準備を進めている。センターは動物愛護啓発の拠点だが、犬や猫を殺処分する暗いイメージもあり、ほかの地区では住民の理解が深まらず、整備を断念していた。市はセンターが担う役割の重要性を理解してもらえるよう、周知に力を入れている。
 犬管理所は1973年に建設。狂犬病予防法などに基づき、飼い主が分からない犬猫の保護や譲渡、殺処分などの業務をしている。
 早岐瀬戸沿いにあり、薄暗い施設内には犬や猫を一時収容するケージが並ぶ。しかし、飼育や触れ合い体験などを通じて動物愛護を学ぶ十分なスペースはない。幼かったり、負傷したりして自ら生きられない猫は即日処分することが多く、昨年度は約400匹を安楽死させた。死骸は大村市に運び焼却している。
 殺処分を減らすため、市は2012年に動物愛護啓発の機能を備えたセンターを整備する基本計画を策定。広さは約500平方メートルを想定し、本年度の補正予算で設計に着手したい考え。20年度に建設を始め、21年度から運用する方針。
 整備場所の選定を巡っては苦い経験もある。14〜16年度に江迎、鹿町両地区の候補地で住民と協議したが、白紙に戻した。市は住宅地と一定の距離がある場所を模索。相浦地区を候補地に選び、1月下旬に地元の自治協議会に計画を説明した。
 センターの整備は市議会でも度々要望が出ている。16年には市議会会派が北海道旭川市の市街地にある「市動物愛護センター」を訪問。動物との触れ合い体験や、動物愛護の市民ボランティア活動を進める現場を視察した。あるベテラン市議は「センターに対するイメージで佐世保市とはギャップがある。市は地域住民にセンターの役割と大切さを丁寧に説明してほしい」と話している。
posted by しっぽ@にゅうす at 05:00 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする