動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年04月15日

なぜ犬は吐きやすいの?様子見でいい場合と危険な場合の違いは?

ネタりか



なぜ犬は吐きやすいのか?
伏せているブルドッグ

犬は四足歩行の動物で胃が横向きになっており、さらに胃・食道・口の高さが平行に近いため吐きやすい傾向にあります。また、胃液が濃いことも犬が吐きやすい理由のひとつと言えるでしょう。人間が吐くとかなりつらいため、犬が吐く姿を見るとかわいそうに感じてしまうことがあると思いますが人間が吐くのとは少し異なるようです。

犬の中でも特に吐きやすいとされているのは、気管が細い短頭種のフレンチブルドッグやブルドッグ、チャウチャウ、ボストンテリア、パグ、シーズー、チンなどが挙げられます。チワワやポメラニアン、トイプードルなどの超小型犬や誤飲が多い子犬、消化能力の弱りがちな老犬も比較的嘔吐が多いとされています。犬種といわれています。また、胸の深い大型犬の場合は胃捻転や胃拡張になってしまう危険性が高く、胃捻転の場合は吐きそうな仕草を見せながら実際には何も吐き出さない様子を見せます。胃捻転や胃拡張は特にボルゾイ、グレートデン、シェパード、ダックスフント、コッカ―スパニエル、レトリーバーなどに多く起こりうるトラブルです。

様子見でいい場合と危険性が高い場合
食事を食べるノーフォーク

犬が吐いた時様子見でいい場合
犬は体の構造上吐きやすい動物のため、吐いてもそれほど緊急性がなく様子見をしていていい場合があります。吐いても様子見をしていていいと考えられるのは、以下のような状況です。

✔急いで食べた食事を未消化のまますぐに吐き出す
✔空腹で胃液を吐いた
✔車酔いで吐いてしまった
✔散歩中に草を食べた後吐いた

これらの場合は病気などが原因ではない嘔吐のため、そのまましばらく様子見をしていて問題ないと考えられます。

犬が吐いた時危険性が高い場合
犬は吐きやすい動物ですが何らかの病気やトラブルが原因で吐いた場合はすぐに対処が必要です。犬が吐く原因には、胃腸などの内臓や食道に異常があらわれている場合や何らかの中毒症状を起こしている場合などが考えられます。何度もくり返し吐く場合や吐いたものに血が混ざっている、吐いた後ぐったりしている、下痢を伴っている時などは緊急性・危険性が高い嘔吐の可能性があるのですぐに病院に連れて行くようにしましょう。

犬が吐いた時の見極め方と対処法
診察を受けるダックスフンド

犬が突然吐くと慌ててしまうことが多いと思いますが、嘔吐の様子をしっかりと確認して把握しておくことが大切です。

✔何を吐いたか、どんな色か?
✔何回吐いたか?
✔どれくらいの頻度で吐いたか?
✔吐いた後の様子はどうか
✔嘔吐以外に変わった症状はあるか

犬は吐きやすい動物であることから、吐いたことだけで病気などを判断することはむずかしいため万が一病院に連れて行くことになった場合のためにも、犬の状況をしっかりと観察しメモしておくといいでしょう。また、原因を見極めることで吐きにくいような食事や環境づくりを行うこともできます。

吐いた後は無理に水を飲ませたり食事を与える必要はありません。問題のない嘔吐の場合は犬が自然に飲食をすると思いますし、もし胃腸にトラブルがある場合は吐いた直後に飲食をさせるとそれが刺激になりまた嘔吐してしまう可能性があるので、しばらくそっとしておき様子を見ながら休ませてあげましょう。

犬が吐くことに関するまとめ
ソファで寝る白茶の犬

犬が吐くと飼い主は慌ててしまうことが多いと思いますが、嘔吐は犬に起こりやすいトラブルのひとつです。ちょっとした胃の不快感などからわざと草を食べて吐きすっきりする、ということも多く見られることですし、食べることが大好きな犬が急いで食べたフードを全部吐き出してしまうということもめずらしいことではありません。犬が吐いてしまった時に大切なのは、なぜ犬が吐いたかを見極めること。そのためにはどういうものを何回吐いたかなどを、きちんと把握する必要があります。犬種や年齢だけでなく、それぞれの犬によって体質が異なるためちょっとしたことで吐いてしまう犬や全く嘔吐をしない犬もいると思います。日頃から愛犬の体調や体質を把握しておくことができるようしっかりと観察するようにしましょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする