動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月15日

犬の身体能力が桁違い!? 犬って実はこんなにスゴイ動物の“秘密”に迫る

Yahoo! JAPAN



愛犬の身体能力の高さに、驚かされたことのある飼い主さんも多いでしょう。そこで今回は、犬の高い身体能力に隠された秘密や豆知識をご紹介します。犬の身体能力には個体差や犬種による違いもありますが、犬ってやっぱり“スゴイ動物”なんですよ。さっそく見ていきましょう!

【関連記事】どれだけ信頼されてる?愛犬のしぐさ・行動でわかる絆チェックテスト

犬の身体能力が桁違い!? 犬って実はこんなにスゴイ動物の“秘密”に迫る
ボーダー・コリー
犬の高い「ジャンプ力」の秘密は、後ろ足にある
犬のジャンプ力は非常にすぐれていて、高跳びの最高記録は3.4m、幅跳びはなんと9.14mだそうです。このジャンプ力のカギは、後ろ足。犬の後ろ足は伸ばすと前足よりもずっと長く、太ももには大きな筋肉がついています。
犬が高く遠くに飛ぶことができるのは、ジャンプするときにこの後ろ足を曲げて急に伸ばすことによって、強力な“筋肉のバネ”を使っているからなのです。

犬の身体能力が桁違い!? 犬って実はこんなにスゴイ動物の“秘密”に迫る
トイ・プードル
犬の車並みの「走力」は、野生時代に培われたもの
犬の走るスピードの記録は、楕円形のトラックコースの平均時速で60.7km、なんと直線ではさらに速く、時速80kmに達するといわれています。
このような犬の走力は、走る獲物を追いかけて狩りをしていた野生時代に培われたもの。走る人を追いかけたり、動くおもちゃに興奮したりするのも、その名残といえるでしょう。

犬の身体能力が桁違い!? 犬って実はこんなにスゴイ動物の“秘密”に迫る
柴犬
犬の並外れた「持久力」は、大きな心臓や肺が関係している
犬は走るのが速いだけではなく、高いスタミナを持ち合わせた“長距離ランナー”でもあります。
野生時代の犬は獲物を捕まえるために、一晩中でも時速20〜30kmという驚きの速さで、逃げる獲物を追いかけることもありました。そのため、犬の心臓や肺は大きく肺活量が豊かで、持久力にもすぐれているのです。

犬の身体能力が桁違い!? 犬って実はこんなにスゴイ動物の“秘密”に迫る
シベリアン・ハスキー
犬の驚きの「身体機能」は、足の爪と毛が支えている
犬の足の爪と足の裏の毛には、滑り止めや寒さよけの機能があるため、犬は氷や雪の上でも速く、そして長く走ることができます。
ちなみに、北極地方の犬は約7cmもの分厚いオーバーコートとアンダーコートに覆われているため寒さに強く、なんと−140℃でも耐えられるといわれているのですよ。

犬の身体能力が桁違い!? 犬って実はこんなにスゴイ動物の“秘密”に迫る
チワワ
犬の身体能力はやっぱりスゴイ!
ほかにも、犬が走っている最中に急に曲がっても転ばないのには、負荷がかかっても動じない強靭な足首と、スパイクのように地面をつかむことができる爪、バランスをとる三半規管の働きが関係しているなど、その高い身体能力にはさまざまな秘密があるのです。

このように、あらためて犬の身体能力について知ると、驚かされてしまうことばかりですね!

参考/「いぬのきもち」2016年4月号『驚きの能力を徹底解剖!犬ってやっぱりココがスゴイ!!』(監修:哺乳類学者 川崎市環境影響評価審議会委員 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※今回ご紹介したような能力には個体差があり、すべての犬種に当てはまるものではありません。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 02:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする