動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月25日

「飼い犬も一緒に埋葬して」 米女性の遺言どおり、元気な犬を安楽死

BBCNews



アメリカ・ヴァージニア州で、「自分の死後は飼っている犬を一緒に埋葬してほしい」と言い残して亡くなった女性の願いをかなえるため、健康な犬の命を奪うという出来事があり、同国で物議をかもしている。

飼い主と一緒に埋葬されたのは、エマという名前のシーズーのミックス犬。

米メディアによると、女性の死後、エマを保護していた同州内のシェルターの職員たちは、女性の近親者たちに対し、女性の遺志を実行しないでほしいと2週間、繰り返し説得を試みた。

だが思いは受け入れられず、エマは今年3月、安楽死させられたという。

説得むなしく……
「エマなら簡単に引き取り手が見つかるから、誰かに譲るべきだと何度も提案した」と、エマを預かっていた動物シェルター「チェスターフィールド・アニマル・サービス」責任者のキャリー・ジョーンズ氏は、AP通信に話した。

「結局は、女性の近親者たちが3月22日にやって来て、エマを引き取っていった」

その後、エマは安楽死させられ、火葬後に骨壷に収められた。そして、亡くなった女性の代理人によって埋葬されたという。

「一緒に埋葬」は州によって可能
ヴァージニア州の法律では、ペットは個人の所有物とみなされる。そのため、飼い主が希望すれば、獣医に頼んで安楽死させることができる。

アメリカの一部の州は、飼い主とペットを一緒に埋葬することを認めている。

ヴァージニア州の墓地「ナショナル・メモリアル・パーク・セメタリー」では、人間が埋葬される場所の隣にペット用の墓地を用意している。

イギリスではどうなる?
イギリスでも健康なペットを安楽死させることはでき、実際にそうする飼い主もいる。ただ、獣医と相談し、ペットにとって他によりよい選択肢が無い場合に限られる。

「人間と暮らす動物を扱っている獣医であればほぼ全員、安楽死を頼まれたことがある」と、獣医師協会の広報担当者は話す。

「飼い主がよく言う理由は、ペットの行儀悪さや飼い主の健康悪化、飼育に向かない住居への引越し、法による命令など。相談を受けた獣医は、動物にとって最善の決定となるよう、飼い主と理性的で倫理的な対話をする。あらゆる選択肢と、ペットと飼い主の状況を慎重に考慮する」

王立動物虐待防止協会にも取材したが、コメントを出さなかった。

(英語記事 Healthy dog put down to be buried with owner)
posted by しっぽ@にゅうす at 11:02 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする