動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月26日

【特集】がんばれ愛ちゃん!警察犬目指す柴犬 殺処分対象からNPOが引き取り訓練 岡山

Yahoo! JAPAN



動物愛護センターで一時、殺処分の対象となった柴犬の愛ちゃん。その後NPO法人に引き取られて、現在は警察犬を目指しています。去年は試験に不合格となり、今年リベンジを狙いました。

【特集】がんばれ愛ちゃん!警察犬目指す柴犬 殺処分対象からNPOが引き取り訓練 岡山
去年の審査会の様子
去年のリベンジを…警察犬目指し練習
 警察嘱託犬を目指して練習に励んでいるのは、柴犬の愛ちゃん(推定3歳半)と、訓練士の赤木美穂(54)さんです。

(訓練士/赤木美穂さん)
「ぼちぼちある程度はできてきているんですけれども、やっぱり気が散る部分というか、集中力に欠ける部分がある」

 愛ちゃんが目指している「警察嘱託犬」とは、犯罪捜査や行方不明者の捜索などに協力する一般家庭などで飼育されている犬で、毎年審査会が行われています。

 愛ちゃんは去年、初めての審査会で特別にリードを付けたまま挑戦しましたが、障害物を飛ぶのを嫌がったり、物をキャッチできても赤木さんを通り過ぎてしまったり、十分な力を発揮することができませんでした。結果はもちろん不合格。

(赤木美穂さん)
「白紙に戻してじゃないけど、また1からスタートしてちょっと勉強し直してきたんですけど、すごくね、普段の生活で叱られるようなことないんですよ、愛ちゃん」

【特集】がんばれ愛ちゃん!警察犬目指す柴犬 殺処分対象からNPOが引き取り訓練 岡山
愛ちゃんを引き取った濱田一江理事長
殺処分対象の犬を減らしたい NPOの活動
 愛ちゃんは2年半前に迷い犬として、岡山県動物愛護センターに保護されていました。センターにいたときの愛ちゃんはかみ付きがひどく、殺処分の対象になっていました。
 そんな愛ちゃんを引き取ったのは、NPO法人「しあわせの種たち」の濱田一江理事長(62)です。

 動物愛護センターでは、約300頭の野犬や迷い犬などが保護されています。濱田さんたちは、殺処分の対象となった犬を少しずつ人にならしたり、訓練したりすることで、譲渡や警察犬などでの活躍につなげる活動をしています。

(NPO法人しあわせの種たち/濱田一江 理事長)
「あの時には頭を下げて、1週間ください、毎日通いますからということで、通ってこうやって愛ちゃんもならしてきたんですけれど」



posted by しっぽ@にゅうす at 00:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする