動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月31日

犬に敵意を持たれてしまう人の特徴5つ

ネタりか



犬に敵意を持たれてしまう人の特徴@「低く大きな声で話す」
グレーのパーカーを着たチワワ

低く大きな声で話しかけると、犬に敵意を持たれてしまうことがあります。犬は大きな声で話す人が苦手です。また、女性の高い声よりも男性の低い声の方が苦手です。しつけにも応用されていますが、褒めるときは高い声のトーンで褒め、叱るときは低い声のトーンで、とありますよね。はじめて会う犬に対して、いきなり低く大きな声で話しかけてしまうと、悪い印象を与えてしまいます。犬も嬉しいときは高い声で鳴き、威嚇するときは低い声で唸りますよね。

犬に敵意を持たれてしまう人の特徴A「上から撫でる」
柴犬に近づく手

犬の頭やカラダを撫でるとき、犬の上から手を伸ばして撫でてしまうと、敵意を持たれてしまうことがあります。犬は上から撫でられることが苦手です。自分よりも大きな人間が近づいてきて、自分の顔よりも大きな手が上から降ってきたら、犬は恐怖を感じてしまうかもしれません。攻撃されるのではないか、と思わせてしまうかもしれません。

そうすると、警戒心を強め、攻撃態勢に入ってしまうこともあります。はじめて会う犬と触れ合いたいときは、犬と同じ目線になるように、しゃがんで体勢を低くします。そして、ゆったりと優しい声で話しかけます。敵意がないとわかると、犬の方からゆっくりと近づいてきてくれます。

犬に敵意を持たれてしまう人の特徴B「縄張りに侵入する」
吠える犬と抑える女性

犬が縄張りとする場所へ侵入すると、敵意を持たれてしまうことがあります。たとえば、庭に侵入してくる配達員さん。家の中に侵入してくる訪問者。敵意は一切ないと思いますが、自分の縄張りである庭や家に侵入する人に対し、敵意を持ち、威嚇してきます。もし、その家に何度も出入りする必要があるのであれば、犬に対して優しく声をかけ続けましょう。「この人には敵意がない」と理解することができれば、吠えられることもなくなります。

うちの愛犬の男の子は、毎回「わんちゃん、バイバイ!」と声をかけてくれる配達員さんには一切吠えません。スッと入ってスッと出て行く配達員さんには牙をむいて吠えます。こんなにも違うんです。

犬に敵意を持たれてしまう人の特徴C「目を見つめる」
威嚇する犬の顔のアップ

はじめて会う犬に対して、ジッと目を見つめてしまうと、「この人には敵意がある!」とみなされてしまうことがあります。犬が人の目をジッと見つめることには、“愛情・敵意・要求”の3つの意味があります。相手が飼い主さんや家族であれば、愛情や要求でしょう。

しかし、はじめて会う相手であれば、敵意かもしれません。敵意を持った犬に対して、自分もジッと目を見つめてしまうと、急に飛びかかったりなどし、攻撃してくることもあります。ついついジッと目を見つめてしまいますが、優しく声をかけながら、敵意がないことを伝えると良いと思います。

犬に敵意を持たれてしまう人の特徴D「犬が苦手」
伏せをして待つトイプードル

犬が苦手な人に対して、犬は敵意を持ちやすいです。苦手な犬に出会ってしまったとき、犬が苦手な人はどんな行動をするでしょうか。表情が強張ってしまったり、ソワソワと落ち着きがなくなってしまったり、急に走り出したり。

そういった人の表情や行動から、相手の気持ちを読み取ってしまいます。また、犬には狩猟本能があります。野生で暮らしていた頃の名残りです。自分のことを怖がっている人を見ると、弱い獲物のように見えてしまい、攻撃してしまうことがあります。

まとめ
犬の手を握る、マズルにシワを寄せる犬

はじめから敵意を持つ犬はいません。人間の何気ない行動によって、敵意を持たせてしまっているんです。“こんなに犬が大好きなのに、何で吠えられるんだろう?”と、不思議に思っている方もいらっしゃるかもしれません。その犬に対してどんな行動をしたのか、考えてみると、敵意を持たれるようなことがあったのかもしれません。
posted by しっぽ@にゅうす at 03:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする