動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月31日

防犯、高齢者見守り…わんわんパトロール隊、結成10周年

Yahoo! JAPAN



京都府長岡京市奥海印寺谷田地区の愛犬家の組織「谷田・わんわんパトロール隊」が、結成10周年を迎える。犬の散歩に併せて独り暮らしの高齢者らの見守り活動を続けており、節目の年を迎えたのを機に気持ちを引き締めている。
 谷田地区では高齢者の孤独死や空き巣などの犯罪が相次ぎ、犬のふんの放置も日常化する中、自治会と老人会が対策を検討。2009年6月、30軒が地域の見守り隊「わんパト」を結成した。
 現在、隊員は25軒28頭。犬と散歩する中で独居老人宅前を通る際には新聞や郵便物がたまっていないか、洗濯物が干したままになっていないかなどを確認している。異変に気づけば市や市社会福祉協議会に相談し、緊急時には警察や消防に通報するなどしている。
 わんパトで隊員は15年1月の冷え込む夜、高齢の女性が玄関前で倒れて意識がもうろうとしているのを見つけ救助した。その後、真夏の日中に雨戸が閉まった民家で独居の女性が熱中症で動けなくなっていたことや、浴室で老いた女性が亡くなっていたこともあったという。ふんの処理は飼い主に声掛けして理解を求めている。
 活動が評価され、わんパトは17年7月に府の「防犯まちづくり賞」を受賞。昨年は住民組織として市社協に登録され、補助金で美化運動のポスターなどを作成した。10周年記念で作った隊名入り手提げバッグを持ち、隊員は愛犬と散歩して存在をアピールしている。
 隊長の衣川幸夫さん(80)は「道路がきれいになった。犯罪が発生していないのは警察とも連携したわんパトが一定の抑止効果になっているからだと思う」といい、「この活動が他地域にも広まり役立つことを願っている」と話した。
posted by しっぽ@にゅうす at 04:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする