動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月12日

捨て猫保護し「地域猫」に 徳島市の主婦ら団体結成 運営費確保へCF活用


Yahoo! JAPAN



徳島市の主婦井上智美さん(44)らが、捨て猫を保護するボランティアグループを結成し、不妊・去勢手術をした上で地域住民にお世話をしてもらう「地域猫活動」に取り組んでいる。運営費の確保が課題となっており、「不幸な死に方をする猫を増やさないために協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

 グループは、井上さんが猫の里親探しの際に知り合った西内由佳さん(36)=徳島市、主婦=らと設立した。「あわねこ保育園」との名称で、インターネットで募ったメンバーを含め現在10人で活動している。

 グループのメンバーが、捨て猫の多い地域や県動物愛護管理センター(神山町)を訪れて、これまでに約170匹を保護した。うち約60匹を地域猫として飼い、40匹余りは譲渡会などを通して里親に渡った。現在は、メンバーの自宅などで約60匹ほどを保護しているという。

 運営費は個人の寄付や募金で賄い、里親になった人には手術などの実費を負担してもらっている。ただ、井上さんらが立て替えることも多く、資金繰りが課題となっている。

 このためクラウドファンディング(CF)を活用することにし、5月22日から寄付を募っている。最低60匹の手術費と、命の危機にある病気やケガをしている猫の医療費などに充てる。6月29日午後11時まで、CF仲介サイト「レディーフォー」で受け付けている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする