動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月15日

犬と猫、どちらの専門誌がよく売れているのか…犬猫系雑誌の部数動向をさぐる(2019年1〜3月)

Yahoo! JAPAN



愛犬・愛猫の情報源として、雑誌は非常に有益。ではその犬猫系雑誌の部数動向はどのような状態なのか。犬猫そのものの需要、人気をも連想させる実情を、日本雑誌協会が四半期ベースで発表している印刷証明付き部数(※)から確認する。

犬や猫の定期刊行雑誌は少なからず存在するが、印刷証明付き部数が日本雑誌協会の公開データベースに収録されているものは、ベネッセ刊行のペット専門誌「いぬのきもち」と「ねこのきもち」のみ。書店での一般売りは無く、通販専用の雑誌。書店のレジでサンプルが配られていることが多く、その表紙に映し出される犬や猫たちの愛らしい表情に、惚れた人も多いはず。その印刷証明付き部数は次の通り。

↑ 印刷証明付き部数変化率(いぬのきもち・ねこのきもち、前年同期比)(2019年1〜3月)
↑ 印刷証明付き部数(いぬのきもち・ねこのきもち、万部)
発行元のベネッセにおける大規模情報漏えい問題に絡み、部数を大きく減らした2014年からはすでに数年が経過している。「ねこのきもち」はほぼその時の下げを回復するレベルにまで復調し、その後の下落も緩やかなスピードだが、「いぬのきもち」はリバウンド後に失速し、さらに減少度合いは加速気味。結果として犬猫で大きく異なる結果が出てしまっている。ただし最近では両誌とも下げ度合いは似たようなものになりつつあるが。

関連団体による試算ではあるが、日本国内のペット数動向では犬が減少し猫には大きな変化は無いとの結果が出ている(【平成30年 全国犬猫飼育実態調査(ペットフード協会)】)。両誌の動向もそれに連動するものと考えれば納得がいく。2016年7〜9月期で部数上の順位が入れ替わったあと、その差は開いたまま。

直近では「いぬのきもち」が約6.4万部、「ねこのきもち」が約8.0万部。ペットとしての犬猫の需要にも浅からぬ関係があるだけに、今後の動向には大いに注目したい。

■関連記事:

ペットを飼えないその理由、「別れがつらい」「禁止」以上に多いのは……

犬は16%、猫は9%…ペット飼育率現状

※印刷証明付き部数

該当四半期に発刊された雑誌の、1号あたりの平均印刷部数。「この部数だけ確かに刷りました」といった印刷証明付きのものであり、雑誌社側の公称部数や公表販売部数では無い。売れ残り、返本されたものも含む。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「〜」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:15 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする