動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月18日

犬より低い目線に座っちゃダメって本当? しつけのプロに聞いてみました!

Yahoo! JAPAN


犬にまつわるウワサ、何がホントなの……?
「犬はウソつきには従わない」「うれションはオトナになればそのうち治る」など、犬のしつけにまつわる話は世にあふれています。情報があまりに多すぎて、どれが正しくてどれが間違っているのか判断に迷うこともあるのではないでしょうか? 
そこで、今回はしつけのプロに、よく聞く「しつけのウワサ」のウソ・ホントをジャッジしてもらいました! ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【関連記事】行き過ぎた愛情かも? 犬を人と同じように扱うリスク

犬より低い目線に座っちゃダメって本当? しつけのプロに聞いてみました!
教えてくれたのは……
教えてくれたのは……
今回、しつけのウワサをジャッジしてくれるのは荒井隆嘉先生です。
東京都台東区にある犬のしつけ教室DOGLY代表。日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター。愛犬はDOGLYの看板犬しじみちゃん(メス・7才/3.2kg/チワワ/甘え上手)。

ウワサ@お世話は毎日決まった時間に行うとイイコになる!?
愛犬のお世話はしっかりしてあげたいもの。ゴハンは7時と18時、お散歩は17時など、決まった時間にきっちり行うほうが、イイコになるというウワサがあります。確かに生活のリズムが整いやすそうですが、急な病気やケガなど、毎日同じ時間を守るのも難しそうな気もします。いったい本当はどうなのでしょうか? 

犬より低い目線に座っちゃダメって本当? しつけのプロに聞いてみました!
お世話は毎日決まった時間に行うとイイコになる!?
答えは……ウソです
荒井先生:
「大丈夫!決まった時間にお世話を行っても、それで愛犬がイイコになるとは限りません。むしろ、おねだり吠えなど困りごとを招きやすくなるので、ランダムで行うほうがよいでしょう」

お世話の時間は一定にしないほうが、おねだり吠えなどの困りごと予防にもなるのでよいとのことでした! しっかり者でまじめすぎる飼い主さんほど、もしかしたら「時間を守らなきゃ」とがんばりすぎてしまうのかもしれませんね。

ウワサA犬より低い目線に座るとダメ?
「犬より低い高さに座ると、犬に下に見られるので絶対しないほうがいい」というウワサを耳にしました。昔からよく聞くしつけ方法から考えると、犬と飼い主さんとの主従関係は大事にしないといけないようにも思えますが、これはどうなのでしょうか……? 

犬より低い目線に座っちゃダメって本当? しつけのプロに聞いてみました!
犬より低い目線に座るとダメ?
答えは……ウソです
荒井先生:
「それはウソだと思います。目線の高さだけで犬と飼い主さんとの関係性が決まることはありません。ただし、高さがある場所に犬を座らせると、上り下りで犬の体に負担がかかったり、犬が落ちてケガする危険もあるので、そういった意味では避けたほうがよいでしょう」

愛犬より低い目線に座ると下に見られる!ということはないようですが、愛犬の体のためには避けたほうがよいととのことでした。とくに小型犬だと、ソファなどの上り下りは足腰に大きな負担がかかりますので、気を付けたほうがよさそうですね。


ウワサBトイレを失敗しても怒ってはいけない?
「犬がトイレを失敗しても怒ってはいけない」というウワサを耳にしました。排泄してよい場所を決めるのは人間側の勝手なルールですから、言い分はわかりますが、それでも何度も何度もそそうされると、ついイライラしてしまう飼い主さんの気持ちもわかります……。これはどうなのでしょうか? 

犬より低い目線に座っちゃダメって本当? しつけのプロに聞いてみました!
トイレを失敗しても怒ってはいけない?
答えは……ホントです
荒井先生:
「トイレの失敗を怒ると、むしろ逆効果なんです。怒られるのを嫌がって、隠れた場所に犬がオシッコするようになるケースも。それに、ビクビクしながら隠れてオシッコさせるのもかわいそうですよね」

失敗を怒ると、逆に困りごとにつながってしまうケースもあるということなのですね。犬にもストレスを与えてしまいかねないので、怒ってはいけないのはわかりました。ではどうしたらよいのでしょうか? 

荒井先生「トイレシーツなどを使ってトイレスペースをできるだけ広げると、成功しやすくなりますよ!」

トイレからはみ出してしまうなら、逆転の発想でトイレを広げてしまうのも有効とのことです。排泄は生きていく上では欠かせないことなので、飼い主さんも愛犬もストレスなくのびのびと済ませられるように、工夫して解決できればよいですね!

犬より低い目線に座っちゃダメって本当? しつけのプロに聞いてみました!
正しい情報を知って、愛犬との暮らしをもっと豊かに
正しい情報を知って、愛犬との暮らしをもっと豊かに♪
いかがでしたか? うわさのなかには正しい情報も間違った情報も紛れ込んでいますが、不安に思ったら、しつけのプロなど信頼できる人に聞いてみてもよいでしょう。

参考/『いぬのきもち』2019年4月号「気になるあの″しつけのうわさ”ウソ? ホント? を判定!」(監修:犬のしつけ教室DOGLY代表 日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター 荒井隆嘉先生)
イラスト/Yu Tokumaru
文/影山エマ

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:21 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする