動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年07月17日

動物のふるさと守れ(1) 成功に疑問、ボルネオで活動 旭山動物園 坂東園長に聞く

日本経済新聞



動物のありのままの姿を見せる「行動展示」で人気の旭山動物園(北海道旭川市)。園長の坂東元さん(58)は画期的な施設をつくり、廃園の危機からよみがえらせた立役者だ。成功に安住せず、マレーシアのボルネオ島で絶滅危機にひんする野生動物の保護に取り組む。動物園の使命とは何か、自問し続ける。

――「ボルネオへの恩返しプロジェクト」の活動を始めて10年になります。

「マレーシア・サバ州を拠点に野生のボルネオゾウを守るのが目的だ。ボルネオの生物多様性を育んできたのが熱帯雨林だが、面積は年々減っている。植物油のパーム油を採るプランテーション(大規模農園)をつくるためだ。食べ物に困って農園を荒らすゾウは『害獣』として殺されることもある。ジャングルに戻すための輸送檻(おり)を寄贈、最近は一時保護するレスキューセンターもつくった」

「旭山動物園にボルネオゾウはいないが、ボルネオオランウータンがいる。このままではオランウータンも絶滅危機になり、彼らの『ふるさと』はなくなってしまう。野生動物として絶滅しても動物園では生き残る? こんなことで動物園の存在する意味があるのか。パーム油は日本に輸入され冷凍食品やチョコレート、粉ミルク、揚げ油などの食品・日用品に使われている。野生動物の危機は我々の豊かな生活と無縁ではない」

――ボルネオで活動するようになった発端は、ある人物からの問いかけだったとか。

「『動物園は動物を使って金もうけする場所なのか?』。野生動物と人間との共生を目指して活動している『ボルネオ保全トラスト・ジャパン』の代表だった、坪内俊憲さんの言葉だ。当時は来園者が年300万人を超えていた。人気施設には長蛇の行列ができ、動物のありのままどころか人間の背中しか見えない。『これが成功なのか?』と疑問を感じていたときで、ケンカを買おうと決意した」

「旭山動物園が伝えてきたのは『野生動物はすごい、素晴らしい』、そして『命の輝き』。そんな動物のふるさとがなくなるのを見過ごすわけにいかない」
posted by しっぽ@にゅうす at 08:59 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする