動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年08月27日

保護犬には新しい名前をつける方がいい?どんな名前がいいの?

ネタりか



保護犬を家族に!さて名前はどうしよう?
男性の手で顔を撫でられる犬

動物保護団体や愛護センターから保護犬を引き取って家族に迎えようと決めたら、ワクワクドキドキしながらいろんな準備をして行きますよね。中でも犬の名前を決めるのは最もエキサイティングな部分ではないでしょうか。

けれども保護団体のシェルターや預かりボランティアさんの所にいる犬はたいていの場合すでに名前を持っています。保護される前の名前をそのまま使っている場合もあれば、シェルター生活や預かりが始まった時点で名前をつけられた場合もあります。そんな時には、犬の名前はそのままにしておいた方がいいのでしょうか?変更しても良いのでしょうか?

保護犬の名前を新しくつける理由
名札付きのバンダナを着ける犬

保護犬を引き取った時にすでに名前がついていたとしても、新しい名前に変更しても構いません。また、新しい名前をつけることのメリットもあります。

保護された後につけられた名前を持っている場合
団体のシェルターに入ったり預かりボランティアさんの所に託された時につけられた名前なら、犬のアイデンティティにとってその名前はまだ歴史の浅いものです。この場合、新しい名前をつけるには好都合です。

保護される前からの名前を持っている場合
保護団体や愛護センターに来る前からの名前がわかっている場合も稀にあります。しかし保護犬になったということは、その名前がついていた時に犬には何らかの形で飼い主との別れという悲しい経験があったということです。それだけでなく、虐待やネグレクトなどがあった場合には、犬にとってその名前はネガティブな印象があり、名前の音を聞くことでストレスや不安を感じる可能性もあります。

名前をつけることで家族としての絆が強くなる
名前をつけるというのはアイデンティティの一部を作るということですから、名前をつけた人にとっては犬への思いが深くなるきっかけになります。そのことが犬と人の絆を強くすることにもつながります。

新しい名前とポジティブなイメージを結びつける
カップルに撫でられる犬

犬が自分の名前を呼ばれた時に注意を払ったりそっちに行ったりすると楽しいことや良いことがあったら、犬はその名前にポジティブなイメージを持つようになります。以前の名前で辛い思いをしたことがある犬なら、特に大切なことです。

ハッピーで高めの声で犬の名前を呼びます。手にはおやつやお気に入りのおもちゃを持って誘います。犬がこちらに注意を払ったら、即座におやつをあげます。これを定期的に繰り返しましょう。

犬に名前をつける時、できれば短くて一音節、はっきりと聞き取りやすい名前が理想的です。例えば、ソラ、モモ、はな、マロン、レオなどです。ただ、あまりにも人気がある名前で公園などの犬が集まる場所で名前がかぶっている場合、知らない人が自分の名前を呼んだり他の犬が反応することで混乱することもあり得るので、繊細だったり怖がりだったりする犬の場合はちょっと一捻りした名前が良いかもしれませんね。

まとめ
犬を囲む家族

保護犬を家族に迎えた時の、新しい名前についてのちょっとしたヒントをご紹介しました。保護犬だからと言って、特別に構える必要はないのですが、知っておくことでスムーズに事が運ぶ場合もあるので「ヒント」くらいに捉えていただけると幸いです。

保護犬を迎えられた方と犬たちに、素敵な新しい生活が始まりますように!
posted by しっぽ@にゅうす at 02:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする