動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年08月28日

Tシャツで動物愛護 大阪府が基金への寄付呼び掛け

大阪日日新聞


大阪府は、府動物愛護管理基金への寄付を呼び掛けている。9月中に5千円以上寄付した人には、府出身の世界的デザイナー・黒田征太郎さんがデザインした基金PR用のTシャツをプレゼントする。


デザイナーの黒田さんがデザインしたTシャツを手に基金への寄付を呼び掛ける吉村知事=21日、府庁
 基金は、府動物愛護管理センター(羽曳野市)に収容された動物の譲渡を促進する事業や、所有者のいないネコ対策に取り組む地域の支援などに充てる。引っ越しなどでペットを飼えなくなった飼い主と、譲り受けたい人をマッチングする事業にも活用する。

 府によると、同基金への寄付金額は2017年度が710万円、18年度が350万円、19年度(7月末時点)は320万円と減少傾向となっている。

 黒田さんは大阪・ミナミのアメリカ村の壁画などを手掛け、環境問題などの社会問題にもアートを通じて取り組んでいる。Tシャツは5種類の図柄があり、ネコのイラストとメッセージが添えられている。

 また9月22日に同センターで、動物愛護イベント「アニマルハーモニー大阪のつどい」を開催する。

 吉村洋文知事は21日の会見で、「寄付を通じて動物愛護の思いや空気が、社会全体に広がると思う」と期待を寄せた。




posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。