動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月11日

<論戦 都議会>動物愛護団体の支援策を検討

東京新聞



 都議会定例会は十日、本会議で一般質問があった。小池百合子都知事はペットの殺処分を巡り、動物愛護ボランティアへの負担軽減策を検討すると表明した。

 小池知事は「ペットの殺処分ゼロ」を二〇一八年度に達成したことについて、「ボランティア団体の献身的な活動によるところが大きい」と説明。都によると、ボランティア団体は、飼い主のいないネコへの不妊・去勢手術の費用を自己負担するなどのケースがあるため、金銭面も含めてボランティア団体への支援策を検討する。

 また、都は旧こどもの城跡地について、同施設内にある青山円形劇場の活用も含めた将来的な改修の基本計画を、本年度中に策定すると説明した。東京五輪・パラリンピックでボランティア拠点などとするための改修工事は、来年四月までに行うとした。 (石原真樹)

 質問した議員は次の通り(敬称略)

 都民ファーストの会 大津浩子、馬場信男、米川大二郎、内山真吾、滝田泰彦、樋口高顕、後藤奈美▽自民 菅野弘一、伊藤祥広▽公明 栗林のり子、斉藤泰宏▽共産 原紀子▽東京みらい 奥沢高広
posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする