動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月13日

「殺処分ゼロ」の実態

北海道新聞


9月20日から1週間は動物愛護週間です。帯広では一足早く7、8日に動物愛護フェスティバルが開催されました。全国で殺処分される犬猫の数は年々減少し、2017年度では4万3千匹と、10年前の2割以下です。しかし、まだゼロには遠い数字です。

 改正動物愛護法で「殺処分ゼロ」が自治体の目標とされ、全国の自治体では競って「殺処分ゼロ」達成のため、いろいろな努力が続けられています。今年4月、東京都の小池百合子知事は、昨年度の「殺処分ゼロ」を誇らしげに発表していましたが、実際には約150匹の犬猫が殺処分されたようです。

 なぜでしょう? 実は、都動物愛護相談センターが引き取った犬猫のうち、病気にかかって治療が難しかったり、かみ癖があったりして譲渡が難しいと判断されたものは、動物愛護の観点から安楽死されており、この頭数は「殺処分」に含まれていないためです。

 「殺処分ゼロ」をやみくもに求めるために、このような数字の矛盾が出てしまうことや、民間の愛護団体への押し付けになってしまうことも問題視されています。殺処分数をなくすことも大切ですが、安易に保健所へ動物を持ち込まず、できる限り「終生飼養」に努めることが飼い主の責任です。(獣医学博士 石川濶)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:22 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする