動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月23日

悩んだら♯7122 動物虐待の通報窓口一本化 大阪府

Yahoo! JAPAN



大阪府は動物虐待の通報を受け付ける共通ダイヤル「♯7122」の運用を10月から開始する。共通ダイヤルは通称「おおさかアニマルポリス」。「悩んだら、わん、にゃん、にゃん」の語呂合わせで府民に通報を呼びかけ、動物虐待の早期発見などにつなげたい考えだ。

 運用を前に19日、府警や政令市・中核市の担当者らが参加して連絡会議を開き、互いに連携して動物虐待を防ぐことを確認した。動物虐待の相談や通報は現在、府や市、区、府警など複数の窓口があるが、今後は共通ダイヤルに窓口を一本化。通報先を分かりやすくすることで、府警による検挙・摘発や、行政による飼育環境の改善の指導につながりやすくなるという。

 吉村洋文知事は会議冒頭「動物はものではなく、愛護の対象」との発想で対応する重要性を強調。「電話を受ける皆さんに魂が入らなければ意味がない。課題を共有し、認識の違いや壁をなくしたい」と呼びかけた。

 府に寄せられた2018年度の相談件数は1万2689件。うち実際に遺棄や虐待と判断した件数は275件で、データが残る3年前(134件)から倍増した。動物虐待に対する府民の意識が高まったことなどが原因と考えられるという。【石川将来】
posted by しっぽ@にゅうす at 08:32 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする