動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月08日

ペット飼いすぎはなぜ?悪臭などトラブル対策へ個別事例把握

NHK


飼っていた動物が増えすぎて適正に飼育できなくなる「多頭飼育崩壊」と呼ばれる問題への対応策を検討するため、環境省は全国の自治体にアンケートを行い、初めて個別事例を把握することになりました。

犬や猫などを複数飼育する「多頭飼育」をめぐっては、飼い主が不妊手術などを行わず無計画に繁殖してしまい、悪臭や騒音、動物虐待の問題が各地で指摘されています。

環境省は問題の背景と対応策を検討するため、全国の都道府県や政令市など125の自治体を対象にアンケートを行って、初めて個別事例を把握することになりました。

アンケートでは自治体ごとに最大5件の事例について、飼い主が多頭飼育に至った背景や最終的な解決方法などを尋ねます。

環境省は今年度中にアンケートの結果をまとめ、来年度末をめどに対応策を示したガイドラインを作成することにしています。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:38 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする