動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月14日

猫ブーム過熱の陰で悲しい現実…捨てられたり行き場なくなった猫たち


Yahoo! JAPAN



兵庫県三田市駅前町の路地裏に、猫と触れ合い、引き取ることのできる飲食店がある。「里親探しの猫カフェ 猫結び」。暮らすのは、子猫を大量に産ませる「繁殖場」で役割を終えて行き場がなくなったり、捨てられたりして保護された猫たちだ。過熱する猫ブームの陰で悲しい現実も生まれている。「僕たちのこと、ちょっとだけ知ってほしいにゃ〜」(山脇未菜美)

【写真】可愛い告発主たち

【通称「店長」のユウナ】(ブリティッシュショートヘアの3歳メス)今日も眠いにゃ〜。寝転んでいると分かりにくいけど、生まれつき左の後ろ足がないの。売り物にならなくて、物心が付くと「繁殖場」にいたわ。マンションの一室などに、多いときに200匹ほど。私たちは日光に12時間以上当たると発情期が来る体だから、明るい蛍光灯を当てられる。交尾すると、ほぼ100%子どもができるの。出産したら1カ月以内にまた光を浴びて…。年4回、数え切れない子を産んできたの。

【ティル】(ラグドールの7歳メス)私は繁殖場にいたけど、頭数が多いからエサも少なくて痩せちゃう。体がボロボロだにゃあ。

【オリオン】(マンチカンの9歳オス)僕も繁殖場。保護してもらえて助かったけど、役目が終わると悲しいにゃ。「引き取り屋」と呼ばれる商売もあって、高齢や不要になった仲間が数千〜数万円で売られる。良くない業者に餓死させられることもあるらしいから怖いにゃ。

【飼い主が決定したレイリー】(スコティッシュフォールドの0歳メス)私は繁殖場で産まれたにゃ。後ろ足が曲がって商品にならなくて行くところがにゃかった。親子やきょうだいで交配(近親交配)させられると、病気になる子が多いみたいにゃの。

【こなた】(スコティッシュフォールドの5歳オス)僕は奇形で耳が垂れて曲がってる。この方が「かわいい」ってお店で高く売られるから不思議だにゃあ。でも将来、全身が痛くなる骨軟骨形成不全症や、内臓疾患になりやすくて短命らしい。結局、僕は飼い主に捨てられちゃったんだ。

【ベベル】(雑種で年齢不明のオス)僕は捨て猫。河川敷でカエルなんかを食べて過ごしていると保護された。何を食べたかはウンコを見れば分かるんだって。野良には人が怖くなり、凶暴になってしまって殺処分された仲間もいる。でも、僕はいま「人懐っこい」って大切にされている。「人は優しい」って信じてるにゃあ。

     ◇

 猫カフェは1時間千円、2時間1800円(ドリンク付き)。一部の猫は譲渡可能。午前11時〜午後6時。水曜と第1、3木曜は定休日。同カフェTEL080・9281・7061
posted by しっぽ@にゅうす at 02:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする