動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年11月08日

フェレットに噛まれ…17年間闘病の警察官死亡

Yahoo! JAPAN



フェレットに手をかまれて17年間、感染症と闘った警察官が死亡していたことが分かりました。

 2002年に大分県警で交番勤務をしていた男性警部補は「近くの公園にフェレットがいる」と110番通報を受けて出動しました。捕獲の際に手をかまれ、3カ月後に蜂窩織炎(ほうかしきえん)という感染症を発症しました。警部補は入退院を繰り返しながら17年間、闘病を続けましたが、今年1月に41歳で亡くなったということです。フェレットはイタチ科の肉食動物で、野生化すると細菌を持つ可能性があるということです。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする