動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年11月13日

世話ができなくなったら? シニアのペット事情


Yahoo! JAPAN



家族のように暮らし、話し、癒やし合う相手であるペット。でも、自分が彼らの世話をできなくなった時のことは考えているだろうか? 「考えていない」という人が6割に上ることが、アンケート調査(イオンペット・千葉県市川市)で分かった。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 ペットを飼っている60歳以上の112人を対象にした調査。「ペットを飼って良かったこと」を聞くと、癒やしと生きがいを与えてくれる家族として、ペットと暮らし、「癒やされた」(88.1%)、「家族の会話が増えた」(57.8%)、「寂しくなくなった」「運動するようになった」(ともに29.4%)など、ペットを飼って良かったと思う人がほとんど。約9割は今後もずっと飼い続けたいと答えたが、飼い主が高齢化する中、ペットの“将来”は大きな課題だ。自分が病気などで、十分にペットの世話ができなくなった場合、他の人に依頼するなど、その時のことを考えているかとの質問には、6割がノー、「考えているが準備はできていない」が2割。つまり8割は準備ができていないということだ。



 自分が早く死んだとき、介護を受けるようになった時のことを考えると心配、いつまで面倒がみられるか、歳を取った時に経済的に大丈夫かどうか―など、実際には不安を抱いている人は多かった。具体的に考えていく必要がありそうだ。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:10 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする