動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年11月18日

犬に嫌われる人が自然とやっているNG行動5選

Yahoo! JAPAN


犬好きなのに犬に嫌われる原因は?

犬好きな人は、よその犬とも仲良くなりたくなります。でも、犬好きだからといって、必ずしも犬と仲良くなれるわけではありません。犬好きにもかかわらず、犬に嫌われてしまう人もいます。仲良くしたいのに犬に嫌われて、吠えられたり逃げられたりするのは悲しいものです。

では、なぜ犬に嫌われてしまうのでしょうか?それは、その人の行動に原因があるのかもしれません。つまり、自分では気づかないうちに、犬に嫌われる行動を取っているのです。さて、その行動とは?今回は、犬に嫌われる人が自然とやっているNG行動をご紹介していきます。

NG行動@目を見つめる

信頼関係で結ばれた飼い主さんと犬が見つめ合うことは、コミュニケーションのひとつになります。でも、本来犬は見つめ合うのが苦手です。なぜかというと、犬にとって相手の目をじっと見つめる行為は、敵意の表れになるからです。

ですから、犬の目をじっと見つめてしまうと、ケンカを売っていると思われて、犬を怖がらせてしまったり、怒らせてしまったりすることがあります。嫌われる原因になるので、信頼関係にない犬の目をじっと見つめるのはやめましょう。

NG行動A正面から近づく

犬に近づくとき、つい犬の正面からまっすぐ向かって行ってしまいがちです。でも、自分より何倍も大きい相手が正面からずんずんと近づいて来たら怖いのは、人も犬も同じ。犬に近づくときに、正面から速いスピードで距離を詰めるのはNGです。ゆっくりと、カーブを描くように遠回りして近づきましょう。

NG行動Bいきなり触る

あまりにも犬がかわいくて、初対面なのにいきなり頭をなでたりしていませんか?これもNG行動です。犬は初対面の人に警戒心を持つことが多いので、いきなり触られるとびっくりしてしまったり、不快に思ったりします。特に、あまり親しくない人に頭をなでられるのは苦手です。

初対面の犬に接するときは、犬に威圧感を与えないようにしゃがみ、手を軽く握ってグーにしてから、犬の顔より低い位置に腕を伸ばします。犬が手のにおいを嗅いでくれたら、頭ではなく胸の辺りからやさしくなで始めましょう。一番最初に、飼い主さんに触ってもいいか確認することも忘れないでくださいね。

NG行動C大きな声を出す

ハイテンションで「ヤダーッ!かわいいー!」などと言いながら、吸い込まれるように犬に近づいて行く。これは、犬好きな女性のあるあるではないでしょうか。でも、犬に嫌われてしまう可能性があります。

優れた聴覚を持つ犬は音に敏感。そのため大きな音が苦手で、大きな声を出す人も苦手です。特に、キンキンと甲高く大きい声は、犬を警戒させたり不快にさせたりするので、犬を見るとテンションが上がってしまう女性は要注意です。犬に声を掛けるときは、やや低めの落ち着いた口調にするといいでしょう。

NG行動Dしつこくする

犬にもいろいろな性格があり、全ての犬が人懐っこいわけではありません。初対面の人とすぐに仲良くなれる犬もいれば、仲良くなるまで時間がかかる犬もいます。また、そのときの気分もあります。犬の気持ちを考えずにしつこくしてしまうと、嫌われてしまうかもしれません。

犬と接するときは、自分の気持ちよりも犬の気持ちを優先して、犬が嫌がったら無理強いしないようにしましょう。犬と仲良くなるときに、焦りは禁物です。

まとめ

今回は、犬に嫌われる人が自然とやっているNG行動を5つご紹介しました。犬好きなのに、どうも犬に嫌われてしまう…という人は一度、犬と接するときの自分の行動を振り返ってみてはいかがでしょうか。ご紹介したようなNG行動をしているのかもしれません。

もしNG行動をしていた場合はぜひその行動を改めて、犬にモテモテな人になっちゃいましょう。よその犬とふれあうときは、飼い主さんへのマナーもお忘れなく…。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:36 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする