動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年12月07日

もっと犬と仲良くなろう!犬に懐いてもらうためにできること4つ

Yahoo! JAPAN


もっと仲良くなるため4つの方法

1.リーダーシップを持つ
犬は信頼できるリーダーがいると安心します。そしてもちろんリーダーに一番なつきます。リーダー以外の家族のことも好きですが、リーダーには甘えたりすることがあります。家の中で誰をリーダーだと思っているかを確認してみましょう。

もし家の中にリーダーがいなくて、犬が自分のことをリーダーだと思っていたら大変です。犬がリーダーになってしまうと犬が飼い主さんに命令したり、要求が通らないと暴れたりするようになります。犬がリーダーにならないようにしっかりと立場の違いを示すようにしましょう。

2.できるだけポジティブでいる
犬は人間の表情を読み取ることができると言われています。表情が少ない、または怒ったり悲しんだりしている人に対してはストレスを感じることがあります。犬は常に飼い主さんには喜んでほしいし、楽しんでほしい、穏やかでいてほしいと思っています。

それなのに常に怒った顔や悲しい顔をしていると、犬は不安に思い少しずつそれがストレスになっていきます。無理に表情を作れとは言いませんが、楽しいときには楽しく、嬉しいことは嬉しいことが伝わるように表情をすこし緩めてみてはどうでしょうか。また犬にわかりやすいかたちで好きという気持ちを伝えるようにしましょう。撫でたり、優しく声をかけたり、そうしていると好きという気持ちは伝わりますよ。

3.穏やかな声で話しかける
声から感情を察することってありますよね?怒鳴るような声や無表情な声は怖いと感じることが多いと思います。これは犬も一緒で、犬は穏やかに話しかける人を好むと言われています。警戒した声や怖がった声なども犬にとっては不安に感じる声なので、あまり仲良くなれるとは言えません。

なるべくゆっくり優しく語りかけるように話かけると、犬は自分に優しくされていることがわかりリラックスします。リラックスした状態で遊んだり、触れ合ったりすることで犬ともっと仲良くなることができます。

4.ちゃんと褒める
犬がきちんと言うことをきいたり、我慢したりしたらたくさん褒めてあげましょう。犬は褒められると「これはいいことなんだ!」と覚えてくれるだけでなく、嬉しくなります。一緒にいて楽しかったり、褒めてくれたりする人といたいと思うのは当然のことです。犬も例外ではありません。

声をかけて褒める他にもおやつをあげたり、撫でてあげたり褒める方法はひとつではないので状況や犬の性格を考えてどういった褒め方がいいのかも考えてみましょう。注意点としてはおやつをご褒美としてあげる場合、太らないようにあげる数や量に気をつけてください。

もし嫌われていたら?

もしも犬に嫌われているなと思ったら、まずは何か犬が嫌がることをしていないか自分の行動を振り返ってみましょう。例えば嫌がっているのに触ったり、大声で話しかけたり、犬とのコミュニケーションが飼い主さんの自己満足になってしまっていませんか?

また犬を叩いたり、怒鳴りつけたりしたことはありませんか?犬はそういったことも覚えていて嫌いになったり、怖くなったりします。犬との関係を良くしたいならまずはそういった嫌われる原因を探し出すことから始めてください。

そして原因がわかったらそれをやめましょう。しかしやめたからといってすぐに仲良くなれるわけではありません。少し時間と距離をおいて、ゆっくり関係を修復していくことが大切です。焦ったり、イライラしたりしないように気持ちに余裕があるときに犬に接したほうが良いかもしれません。

犬との関係はすぐに良くなるわけではないので、根気強く接していきましょう。

まとめ

犬との関係が良くて、更に良くしたい仲良くなりたい方は今回ご紹介したものを意識して付き合っていくと良いと思います。犬の性格によって少し変わりますが、基本的にご紹介した行動を取れば嫌われることはないでしょう。すでに関係が良くないという方はご紹介した方法をする前に、犬との関係を改善することが先です。焦らずにじっくり改善していきましょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 03:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする