動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年12月10日

愛犬の『愛情深さ』がわかる!7つのチェック項目

Yahoo! JAPAN



愛犬の愛情度がわかる!愛情表現リスト

皆さんは愛犬からの愛情をどのくらい受け止めていますか?私達が気付かないほど小さな行動であっても、それが犬なりの愛情表現の1つであることもあります。今回は愛犬からの愛情深さがわかる愛情表現を7つご紹介します。いくつ身に覚えがありますか?

1.スリスリとすり寄ってくる

まずは犬の方から近付いてきて、自分の体をスリスリと飼い主にこすりつけるような仕草があります。これは大好きな飼い主に対して「甘えたい」という気持ちを表しているのです。

「飼い主さん大好き〜」「飼い主さんに触れていたい」という子犬が母犬に甘えるような心理が含まれています。手が空いているようであれば、一緒に遊んだりスキンシップをとったりしてあげましょう。

2.おしりを飼い主にくっつけてくる
飼い主が座っていると、隣にやって来て、わざわざ背を向けるようにし、おしりを飼い主の体にくっつけてトスッと座る…という行動を見せることはありませんか?

これは飼い主であるあなたに「信頼しているよ」という愛情を伝えているのです。おしりを見せるというのは、信頼している相手でなければできません。なぜならば、背を向けることは自分の弱みを見せることになるからです。

そのため、わざわざこの姿を見せることは、相手に「信頼していますよ」「あなたと一緒にいると安心します」という気持ちを表しているのです。

3.頭やオデコを飼い主の体にごっつん
頭やオデコを飼い主の体にトンとぶつけてくるのも、飼い主に甘えている証拠です。先ほど体を飼い主にスリスリとすりつけてくるという行動がありましたが、同じ意味だと思ってください。

「どうしたの?」などと優しく声をかけ優しく撫でてあげたり、マッサージをしたりとたくさん甘やかしてあげましょう。

4.目の前にやって来てゴロンと仰向けになる

飼い主の目の前にやってきたと思ったら、その場でゴロンと仰向けになりお腹を見せる行為も愛情表現の一種です。お腹は信頼している親しい相手にしか見せません。なぜならば、犬にとってお腹は弱点の1つだからです。

目の前にわざわざやってきて、仰向けになっている場合、「お腹を見せるほどあなたに信頼を置いていますよ」という意味合いもありますが、「お腹撫でて〜」という甘えも含まれていることが多いです。ぜひ、優しくマッサージをするようにお腹を撫でてあげましょう。

5.顔周りをペロペロと舐める

飼い主に近寄ってきて、顔の周りをペロペロと舐める行為はよく目にします。これも愛情表現の一種です。子犬が母犬に甘えたり、「お腹空いたよ〜」と伝えるときにする行動です。

そのため、何らかの要求をしていると考えられます。「お腹が空いた」「甘えたい」「遊んで」など、さまざまな理由が考えられますが、あなたのことを母犬のような存在として認識していることの表れです。

6.飼い主の持ち物を自分の周りに集める

ふと愛犬を見ると、愛犬の回りに飼い主の持ち物(タオルや衣服など)が集まっていたという経験はありませんか?これも愛情が深いゆえに起こす行動です。

飼い主の持ち物には、飼い主の匂いが強く残っています。大好きな飼い主の匂いに包まれることで、安心できるという理由から、自分の周りに集めることが多いです。特に、留守番中は心細いため、飼い主の持ち物を自分の周りに集める犬が多いですよ。

7.ジーッと見つめてくる
視線を感じ、そちらに目を向けたら愛犬がじっとこちらを見つめていたという経験は、多くの飼い主さんがあると思います。これも大好きだからこそ、してしまう行動です。「飼い主さん、何しているのかな?」「構ってほしいな」という気持ちを伝えています。

一緒にのんびりと過ごしているときに、じっと飼い主のことを見つめる時は、「大好きだよ」と伝えています。ぜひ飼い主さんも愛情を伝えてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。皆さんはいくつ身に覚えがありましたか?気付いていないだけで、愛犬がすべてを実践している可能性もあります。ぜひ愛犬の様子を注意深く観察してみてください。もっと多くの愛情表現を見せているかもしれませんよ。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする