動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年12月11日

熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

Yahoo! JAPAN



<餌もないまま小さなビニール袋に入れられて出荷され、美しい尻尾を自分で食べてしまわないよう水に鎮静剤が加えられている疑いも>
国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は、タイの養殖場「サイアム・トロピカル・フィッシュ」で、観賞魚「ベタ」の「虐待」や「ネグレクト」が行われている実態を映像で公開した。ベタはその美しさから世界中に愛好家がいる人気の熱帯魚。今年、タイの国魚にも指定された。PETAは、その虐待に加担したくなければ、ベタの売買をやめるよう呼びかけている。

【動画】養殖場の劣悪な環境に弱るベタ

問題の映像(下)には、大量のベタが養殖場の床に並んだ汚い小瓶に入れられている様子が映っている。映像に入っている男性の声(従業員と思われる)によればこれは「出荷の準備」で、出荷されたベタは米ペット用品チェーンのペトコで売られることになるという。

養殖場の床にはベタの死骸が放置されて蟻がたかる。出荷準備にあたる作業員は、作業の間ベタを水から出しっぱなしにたり、ほんの少ししか水が入っていないビニール袋に入れたりする。世界各国への輸送には数日かかる場合もあるが、ビニール袋の中に餌はない。ベタが輸送中、美しい尻尾を自分で食べてしまうのを防ぐために、袋の水には鎮静剤が加えられている疑いがあると、PETAは主張する。

また調査を行ったPETAアジア支部の正式な報告書によれば、この養殖場からは毎週およそ10万匹のベタがペトコ向けに出荷されているとみられ、輸送中に全体の1%弱が死亡している疑いがある。

<店に着いた時点で病気>

「我々はペトコに、即刻ベタの販売停止を求める。ネグレクトや虐待行為をはたらく業者にカネが渡らないようにするためだ」と、PETAのエグゼクティブ・バイスプレジデント、トレイシー・レイマンは言う。「タイ国内で養殖されているベタは、生まれた瞬間から死ぬまでずっと苦しめられている」

PETAは以前、ペトコの各店舗でベタがどのようにして売られているかを示す映像を公開した。映像には、多くのベタが小さな容器に入れられて陳列棚に展示されている様子が映っていた。既に死んでいるものもいれば、少量の、しかも自分の糞だらけの水の中で泳いでいるものもいた。

映像のなかで出荷作業を行っていた複数の作業員は、出荷されるベタの多くが、各店舗に到着した時点で既に病気になっていると認めている。

ある男性作業員は、次のように語った。「金曜日に店に着いた多くの魚が、土日の間に死んでしまう。水槽から出されて、小さな袋に入れられて18時間かけて輸送されてくる間に、ストレスで参ってしまうのだ。これはペットショップが明かさない不愉快な真実のひとつだ」


<ペトコ「映像の施設はサイアムではない」>
ほかの複数の作業員も、「ごく小さな容器」に入れられることで、ベタは病気になったり死んだりしやすくなると認めた。彼らによれば、本来ベタは少なくとも約13〜19リットルの水が入った大きな水槽で飼うべきだという。「こんな売り方はとても残酷だ」と、ある女性作業員は語った。

ペトコは本誌に宛てた声明の中で、サイアム・トロピカル・フィッシュとその親会社であるCISインターナショナル・ホールディングスの両社からベタを購入していることを認めた。「だが、PETAがオンラインに投稿した映像の施設はCISまたはサイアムの養殖場ではないと確信している」ともつけ加えた。

「問題の映像に映っている環境は動物の扱いや飼育、繁殖についてペトコやCISが掲げている基準を満たしていない。当社は取引先の動物の扱いについて、専任のチームが、抜き打ちも含む厳しい検査を行っている」

(翻訳:森美歩)

イワン・パーマー
posted by しっぽ@にゅうす at 09:48 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする