動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月16日

猫にNGな『キャットタワー』の特徴3選

Yahoo! JAPAN



キャットタワーの選択ミスを防ごう

猫ちゃんも喜ぶキャットタワーを初めて購入するときにどのような点に気を付けたらよいのでしょうか。中には愛猫にあまり向いていないキャットタワーもあるかもしれませんので、今回はなるべく選ばないほうがいいキャットタワーについてまとめてみました。

まだ購入を検討している最中の飼い主さんは、ぜひこれらの点に気を付けて選んでいただければと思います。猫ちゃんにとって快適なキャットタワーはとても喜ばれますので、飼い主さんもぜひ真剣に選んでみて下さい。

1. 猫ちゃんの年齢や種類を考慮しない

興味のあるキャットタワーでも例えば、シニア猫や足の短いマンチカンに段と段の間が高い設計のキャットタワーを用意してしまうと使いにくいでしょう。ジャンプ力を多く必要とする設計のキャットタワーではせっかく気に入っても、登っている内に怪我をしてしまう危険性があります。

もちろん足に大きな負荷がかかりますので、肥満気味の猫ちゃんにも向いていないでしょう。ゆっくりと登れるスロープ付きの物や段差がそれほどないキャットタワーが最適といえます。

このように、飼っている愛猫の特性を理解して選んであげましょう。

2. 大きさ

キャットタワーの大きさは、猫ちゃんの成長具合や多頭飼いをしているかどうかで決まってきます。成猫や複数の猫ちゃんを飼っている場合は、ワイドタイプ(横に広い)キャットタワーが有効です。

ついでに複数の猫ちゃんが一緒の面で座ったりしても立っていられるような、土台がしっかりしたものがいいと思われます。天井のツッパリタイプのキャットタワーは、上下でしっかりとタワーを支えますので、比較的ぐらつくということはまずないと思われます。

ただし、キャットタワーの設置スペースとの兼ね合いもありますので、家で寸法を測っておき参考にしながら選びましょう。

3. 滑りやすい素材ではないか

キャットタワーに登るときや、他の場所から飛び乗ったときに滑りやすい素材は避けるべきです。猫ちゃんが滑りにくい素材で覆われたものや、土台に滑り止めがついたものから選びましょう。

キャットタワーでは、猫ちゃんもジャンプしたり早く登ったりと運動も兼ね備えていますので、重要な要素かと思われます。

まとめ

今日のねこちゃんより:王雅 / ♂ / ノルウェージャンフォレストキャット / 4.5kg

愛情を注いでいる猫ちゃんのためのものですから、一度しっかりと向き合って自分の愛猫にはどのような要素が重要なのかをしっかり考えてから選ぶようにしましょう。

最初、猫ちゃんの性格によっては臭いをクンクンかいで、あまり使用しない期間が出るかもしれませんが、時間の経過とともに徐々に使いだします。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする