動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月23日

過去最高市場規模、ペット用サプリ正しい取り方と注意点

Yahoo! JAPAN



免疫力アップや眼精疲労の緩和、病気の予防、関節の動きをサポートするなど、近年はペット用サプリメントの種類が増え、その需要が伸びている。でも、ペットにもサプリメントは必要なの? 今回はサプリメントの正しい摂り方や注意点に迫る。

 2018年のペット用サプリメントの市場規模は63億円に上り、過去最高を記録したという(「ペット関連商品の国内市場調査」によるデータ(マーケット調査会社・富士経済が発表))。

 さらに2021年には、73億円まで拡大すると予測されており、ペット用サプリメントの需要は急激に伸びている。

「サプリメントは、ペットフードでは足りない栄養素を補うための栄養補助食品の1つです。犬猫とも、良質な総合栄養食を食べている場合は基本的に必要ありませんが、手作りのフードや、おやつなどを多く与えている場合は、サプリメントを用いるといいでしょう」

 と、猫専門病院Tokyo Cat Specialistsの獣医師・有田早苗さんは言う。

 また最近は、ペットの高齢化に伴い、生活の質の維持や改善のために、サプリメントを取り入れるケースも増えているという。

「不足している栄養を補うだけでなく、老化などにより低下した身体機能のサポートや、病気の予防、慢性病の症状の緩和などが期待できるからです」(有田さん・以下同)

◆副作用はないが、アレルギー体質の猫は注意

 ただし体によさそうだからといって、やみくもにサプリメントを与えてはいけない。

「たくさんの種類が出回っており、また気楽に購入できるため何種類ものサプリメントを併用している飼い主もいますが、サプリメントの過剰摂取は肥満や病気を招くなど、健康を害す恐れがあります。

 体によさそうだからと、漠然とした理由で与えるのではなく、免疫力向上のため、目の病気の予防のためなど、目的を明確にし、正しい用量を守って与えることが大切です」

 さらに、常用している薬がある場合は注意が必要だ。ものによっては、薬の作用が増強、または減弱されることもある。サプリメントを与える時は必ず、かかりつけの動物病院で確認しよう。

 サプリメントには基本的に副作用はない。しかし、愛猫に食物アレルギーがある場合は、原材料にアレルギー物質が入っていないかのチェックも必要になる。

「サプリメントは医薬品ではなく、あくまで食品ですので、即効性があるものは少なく、長期的な服用が必要です。

 特に猫の場合、嗜好性に偏りがあり、好まない味のサプリメントを与えられると、それがストレスとなって、生活の質を落とす可能性もあります。愛猫の様子を見ながら無理のない範囲で与えてください」

 サプリメントに含まれる成分にはどんな効果が期待できるかをしっかり理解したうえで上手に活用しよう。

※女性セブン2020年1月30日号


posted by しっぽ@にゅうす at 08:59 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。