動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月25日

長寿化するいぬねこ 「飼育困難」の相談が年間200件以上 老犬老猫ホームの実態とは


Yahoo! JAPAN



人間とねこ、近年それぞれが長寿化しており、入院や老人ホームの入居などで、やむを得ず最後まで面倒を看られなくなってしまうというケースが増えているようです。そのようなときに、愛する「家族」を預かってくれる老犬老猫ホーム。「東日本大震災」をきっかけにオープンしたという「東京ペットホーム」でその実態を聞きました。ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けします。

【写真】老犬老猫ホーム「東京ペットホーム」 暮らしているねこの実際の様子

 ◇ ◇ ◇

長寿化するいぬねこ 「飼育困難」の相談が年間200件以上 老犬老猫ホームの実態とは
壁には、飼育するねこ達の写真が数多く飾られている【写真:猫ねこ部】
理由は飼い主の「老人ホーム入居」がダントツ
 老犬老猫ホームは、飼えなくなったペットのための新しいおうち。人間の老人ホームと同じように、有料で飼い主さんに代わって終生お世話をしてくれる施設です。大田区にある東京ペットホームのオーナー渡部帝さんによると、毎年200件以上の「飼育困難」の相談がくるといいます。

 飼えなくなる理由はさまざま。その中でもダントツで多いのが、高齢者の老人ホームへの入居なのだそうです。その他にも、高齢になってお世話ができなくなったり、若い世代の飼い主さんの場合は転勤や転居、突然の病なども……。

 ペットの寿命が伸びているぶん、誰にでも起こりうる想定外の「飼育困難」。そんな状況を救ってくれるのが、老犬老猫ホームです。

 ところで、見学に来られる方が一番気にされているのは、やはり費用です。

 東京ペットホームでは、「一生預かり」の場合、飼養費として1日約1300円(猫の場合)必要になります。つまり、1日1300円×365日×年数。また、入居時には最低でも72万円がかかります。その内訳は、入居金24万円+飼養費1年分約48万円、医療費・介護費は別途必要になります。

 ペットホテルの相場の半額以下の金額ではあるけれど、これが365日、毎年……ともなればやはりそれなりの金額に。

「ねこちゃんを幸せにするには、絶対に1日1300円必要というわけではありません。とてもフレンドリーで人間よりもねこちゃんがとにかく好き! ってタイプのねこちゃんだったら、大部屋で共同生活する方があっているかもしれません。そういうホームならもっと費用は抑えられます」

 老猫ホームと一口に言っても、さまざまなスタイルがあるそう。しかし、「どのねこにも当てはまる万能ホームなんてないと思います」と帝さん。そのため、飼い主がじっくり見学し、責任をもって決めてほしいといいます。


まずは「飼い主に寄り添う」 そして面会を気軽に
 帝さんは、「老犬老猫ホームに預けるのに、無責任な理由なんてほぼない」と話します。誰もがみんな最後まで看取れると思って飼い始めますが、やむを得ず飼えなくなる事態に突然陥ることもあります。

 飼えなくなってしまった時、まず思いつくのは、身内に引き取ってもらうこと。自分の親や息子・娘さん達に預けられたら、またいつでも会えるし口出しだってできます。けれど、実際頼まれる側にとっては急に言われてもなかなか難しいもの……。

 身内がダメなら里親に……そう思っても、いぬやねこが10歳過ぎている場合、マッチングするのはこれまたかなり厳しいといいます。そして、そこでようやく「あ、もしかしてこの子は生きていけないかもしれない……」と気づく人が多いのだそう。

「じゃあどうしよう……」と、身内総動員で、何か救済措置はないのかと必死に調べて、やっと出てくるのが老犬老猫ホームなのだそう。どうしてもやむを得ない事情とはいえ、飼い主はだいたい自分のことをまず責めてしまうといいます。「我が子なのに飼えなくなるなんて、無責任」と。

「そんな飼い主さんに精一杯の共感を示し、想いを受け止めて、ワンちゃんねこちゃん達のお世話に反映させるということが、老犬老猫ホームには絶対に必要だと考えています」

 老犬老猫ホームは、飼えなくなったときに仕方がなく選ぶ手段ではなく、「今よりもっと幸せになるための手段」になるべきだと思うという帝さん。

「スタッフにはいつも、いぬやねこと仲良くなる以上に、まずは面会などを通じ『飼い主さんと仲良くなってください』と言っています。そうすると、飼い主さんご自身の不満ややるせなさなどの気持ちがだんだんと消化されていくんですね」

 スタッフはもちろんいぬやねこが大好きな人ばかり。だから、スタッフにとって動物達の入居は嬉しいことかもしれませんが、飼い主にとっては断腸の想いであることをしっかり理解し、サービス業の精神も絶対忘れないように指導を行っているのだとか。

「飼い主さんそれぞれにこれまで育ててきた思い入れやプライドがります。それをしっかり受け止めて飼い主さんに成り代わることができるか。そこにマイペースさや自己流は許されないと思っています。これがボランティアとの大きな違いですね」

 東京ペットホームは、入居後も愛犬、愛猫との面会ができます。帝さんの妻まいこさんは、積極的に利用者さんとも会話をするようにしており、面会だけでなく、ホームに来てコミュニケーションをとること自体が楽しいと感じてもらえる施設を目指しているという。

「ホームでわんちゃんやねこちゃんが亡くなったときに、これからはうちの妻に会えなくなることもかなり寂しいとか、そういうふうに言っていただけるだけで嬉しいですね」

 帝さんが考える老犬老猫ホームのあるべき姿とは、「預かっているいぬやねこと同じくらい、飼い主さんとも家族のような存在になること」なのだそうです。

取材協力:東京ペットホーム

猫ねこ部


posted by しっぽ@にゅうす at 07:49 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。