動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月04日

犬につけない方がいい『名前の特徴』3選

Yahoo! JAPAN



犬につけない方がいい名前の特徴1:日常的によく使う名称

ワンちゃんに名前をつける際に、いろいろな名前を考えるとおもいます。その考える時間はワンちゃんを迎えいれる直前や直後のときがほとんどであるため、大変ワクワクするときでもありますね。

そして、名前を決める際に案として身近にある名称をそのままつける場合がありますが、もしかするとそれは長い目で見て、ワンちゃんを混乱させてしまうかもしれません。

例えばパンという名前をワンちゃんにつけたとします。ワンちゃんは始めのうちは自分がパンという名前であるということをまだ理解していないため、パンと呼んでも反応しません。そのようなときに日常会話として、家族間でパンを食べる?や、パンを買ってきてなど、パンという単語を頻繁に使い、その合間でワンちゃんをパンと呼んでもワンちゃんはあまり反応しないどころか、いつまで経っても自分がパンという名前であるということに対し、理解しません。

仮に、ワンちゃんに対し名前がパンであるということを理解してもらったとして、その後会話でパンという単語を使い、それをワンちゃんに聞かれた場合、自分が呼ばれたのではないかと思ったり、成長過程などによるしつけの際になかなか上手くいかない恐れもあります。
しかし、中には上手い具合にワンちゃんと暮らしているご家庭もあるため、一概には言えないかもしれません。

犬につけない方がいい名前の特徴2:長い名前

ワンちゃんに名前をつける際に気をつけた方が良いこととして、短めの名前をつけた方が良いということです。名前が短いと褒める際やワンちゃんを呼ぶ際に、認識してもらうことが簡単にできます。

しかし、名前が長いとワンちゃんに理解してもらう際に上手くいかない場合や、そもそもワンちゃんは長い名前の始めの単語の音にのみに反応していることもあり、良いことよりも悪いことの方が目立ってしまいます。

犬につけない方がいい名前の特徴3:聞き取りづらい名前

聞き取りづらい名前もワンちゃんにつける名前としては芳しくないです。ワンちゃんが自分が呼ばれているか理解するのに困難な場合や、聞き取りづらいということは同様に噛んでしまうなどの言いづらい場合もあるため、名前をつける際は言いやすい方が飼い主さんとワンちゃんのどちらの立場からしてみても良いと思います。

まとめ

人間と同様にワンちゃんにもつけない方がいい名前があります。実はこのつけない方がいい名前というのは、人間とワンちゃんのどちらにも当てはまるものでした。

しかし、どのような名前であっても飼い主さんがワンちゃんのことを思い、いろいろと考えた上でつけた名前であるということは違いないので、このつけない方がいい名前というのは人それぞれの価値観の違いからも様々あるかと思います。

いずれにせよワンちゃんは大好きな飼い主さんから名前を呼ばれたら喜んで近くに行くなどの反応をするかと思いますので、特に褒めるときはたくさん名前を呼んであげるとワンちゃんも更に喜んでくれると思います。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:45 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする