動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月13日

新型肺炎 ペット受難 武漢・飼い主戻れず 民間団体、救助に奔走

毎日新聞



新型肺炎の感染が集中する中国湖北省武漢市で、多くのペットの命が危険にさらされている。飼い主が帰省や旅行で市外に出た後、1月23日からの都市封鎖で戻れなくなり、家に用意していた餌や水が足りなくなっているからだ。民間団体「武漢市小動物保護協会」には飼い主からのSOSが既に3000件以上寄せられ、連日救援に奔走している。

 協会が同26日、ペットの救援活動をインターネット上で告知すると、初日に数百件の連絡があった。協会スタッフは「50件ぐらいと予想していたら、はるかに超える数に驚いた」と語った。限られた人手や交通手段に加え、解錠業者の手配なども必要なため、1日50件前後の対応が限度。それでもボランティアを含む約80人で約10日間に600世帯のペットを救った。
posted by しっぽ@にゅうす at 02:25 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする