動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月18日

野良猫のエサやりは問題なのか 子ども達へ正しい知識を 未来のために訴える「TNR」の重要性


Yahoo! JAPAN



保健所や愛護センターに引き取られる猫は年々減少するも変わらない環境
 動物保護に対する意識は、年々高まっています。実際に環境省が発表した「全国の犬・猫の引取り数の推移」から、平成元年には96.8%だった殺処分率が平成30年には41.8%と、55%も減少。引き取り数自体も大幅に減少しています。また、「全国の犬・猫の返還・譲渡数の推移」は反比例しており、元年には2%だった譲渡率が30年には58.4%に上昇しています。しかし、未だに野良猫を取り巻く過酷な状況は変わっていません。猫との暮らしのアイデアを発信する情報サイト「猫ねこ部」は15日、横浜市関内にある猫カフェ「ミーシス」と協力し、小学生、中学生を対象にした「こども猫講座」を開催。不幸な最期を迎える猫を1匹でも減らすための思いと取り組みについて、担当者を取材しました。
 
 ◇ ◇ ◇

【写真】不幸な最期を迎える猫を1匹でも減らすために… まったりくつろぐ猫達に癒される 猫カフェで開催された「こども猫講座」イベントの様子

野良猫を捕まえて不妊手術を施し元の場所に戻す「TNR」という取り組み
「こども猫講座」では、学校では学ぶことができない、野良猫にエサを与える責任や動物愛護についてレクチャーしました。猫ねこ部編集室のディレクター木原優子さんはイベント発案のきっかけについて次のように話しました。

「猫ねこ部では、看板猫から保護猫カフェに至るまで数々の取材を行っていますが、なかでも力を入れているのが保護猫や野良猫の現状に関する発信です。山梨県の保護猫犬団体『ねこねっと山中湖』への月1回の取材時に、年間3000件ものTNRの不妊手術を行う『ふー動物病院』の亀田博之先生と出会ったことです」

 それまでも野良猫を捕まえて不妊手術を施し元の場所に戻す「TNR」について取材で触れることが多かった木原ディレクターでしたが、ひとりの獣医との出会いで活動を後押しされたといいます。

「亀田先生の動物病院の山中湖分院が開院した時に、先生の不妊手術現場に立ち会わせてもらったことが大きなきっかけです。現場を目の当たりにし、お話を伺う中でこうした現状を、広めていかなければと思いました」

 そんな思いを込めて、今回子ども向けの講座をした理由は2つ。

「野良猫達に餌やりだけを行う人の多くが高齢の方であるという状況を耳にします。そこで、高齢者に向けて発信していくには、おじいちゃん、おばあちゃんを慕う子ども達からの声の方が響くのではないかと思い、まずは子ども達に知ってもらおうと思ったのが理由の1つ目です。2つ目は、『TNR』という概念を広めること。現状では『TNR』で“亡くなっていく命を食い止める”ことが一番の方法とされていますが、これから先、次のステップに進むためのアイデアを子ども達が考える時代がくるでしょう。もしかしたら、猫に不妊手術を施す現状とは、また別の未来が作れるのかもしれません」

 子ども達が当たり前のように知っている世の中にしていきたいと、今回のようなイベントを開催したといいます。


「野良猫とは何か」 壮絶な現状を子ども達に知ってもらいたい
 講座は、前述した「ふー動物病院」の亀田先生監修のテキストを使い、野良猫とは何か、そして抱える問題、助ける方法を、木原ディレクターがスライドに合わせ話していきます。諸説ありますが、野良猫が増えたのは、江戸時代に猫を繋いで飼うことが禁止されたことからではないかと言われているそう。現代では、猫の飼育ができなくなったり、性格が合わないといった理由で捨てる人がいたりして、その猫達が子どもを産んで増えていると言われています。

 では野良猫が増えるとどんな問題が出てくるのでしょうか。市町村の行政には、猫達の大きな鳴き声による騒音、糞尿、感染症やノミ、ダニ、生ごみを荒らされるなど、様々な相談が寄せられています。こうした苦情が増えていくと、保健所や愛護センターに連れていかれ、そこから譲渡会などで引き取られる場合もありますが、殺処分をされてしまうこともあるそうです。その半数以上は子猫だといいます。

 たとえ殺処分されなかったとしても、増えてしまったほとんどの子猫は飢えや猫風邪などの病気で死んでしまうのが現状です。そこで、猫ねこ部が考えてほしいと子ども達に訴えたのは、かわいいからと言ってむやみに「猫にごはんを与える」ことが実は死んでいく命を増やしてしまっているということ。それを食い止めるために「TNRが大切」だということ。

 TNRは猫を捕獲し、不妊手術を行い、また元の場所に戻すこと言います。元の場所に戻された猫には大きな特徴があります。それは手術を受けた証として、片耳が桜の花びらのようになっていること。こうしてTNRを受けた猫達を別名「さくらねこ」と呼んだりもします。こういった特徴があることで、この猫は子どもを増やさないので殺処分をされる必要がなくなることと、子どもが生まれることがないので、生まれて間もなく死んでいく命がなくなるのです。

野良猫のエサやりは問題なのか 子ども達へ正しい知識を 未来のために訴える「TNR」の重要性
講義後、ポスター制作をする親子。お母さんのひざの上には猫の姿も【写真:Hint-Pot編集部】
子ども達が猫達の命を守るためポスター作りに挑戦!
 イベントでは野良猫の壮絶な現状を、真剣な様子で聞き入っていた子ども達。真面目な話の後は、猫達と戯れ、そしてこの事実を多くの人達に知ってもらうためのポスター作りを行いました。子ども達が描いたポスターは、イベントが行われた「ミーシス」で、しばらくの間、展示される予定です。

 テキストを監修した「ふー動物病院」の亀田博之先生は、次のようにメッセージを送りました。

「多くの人が知ってくれて、どうすればいいのか考えてくれることが、外で暮らす猫ちゃん達が幸せになる第一歩です。いろんな人が協力して、猫ちゃん達の命を守れるようなやさしい社会になって欲しいですね」

Hint-Pot編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 08:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする