動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月12日

「伴侶犬の新型肺炎は、人から感染…手洗いをすればよい」=香港


Yahoo! JAPAN



世界小動物獣医師会(Shane Ryan会長、WSAVA)は、香港当局が最近、新型コロナウイルス感染者の伴侶犬がウイルスに感染したと結論付けたことに関連し、「動物を遺棄したり、過度の心配をしてはならない」と重ねて強調した。

 10日獣医師会によると、この度の香港における伴侶犬の新型コロナウイルス感染は、犬が弱い陽性反応を見せ、人が動物に感染させた可能性が高いとしている。したがって、犬が他の動物や人に対して感染の原因になるという証拠はまだないと獣医師会は伝えた。

 獣医師会は、特に「伴侶動物に触れる前後は常に手を洗って、見慣れていない動物との接触を避ける方が良い」と助言した。

 もし新型コロナウイルスに感染しているのであれば、伴侶動物をなでる行為は避けて、マスクの着用を勧めた。

 犬のコロナウイルス性腸炎の予防接種が、新型コロナウイルスから守ることができるのかという質問には、「現在のコロナワクチンは、ウイルス性腸炎から守ることを目的としており、呼吸器感染を防ぐための用途として承認されていない」と説明した。

 続けて「新型コロナウイルスと既存の犬・猫コロナウイルスは、全く異なる種類のウイルス」とし、「獣医が新型コロナウイルスから守られることを期待して腸炎のワクチンを使用してはいけない」と呼びかけた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
posted by しっぽ@にゅうす at 02:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする