動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月12日

1日800頭も「ペットオークション」1頭が数十万円になる理由は?


Yahoo! JAPAN



「1番モニター、トイプードル、オス」「2番モニター、ロングコートチワワ、メス」

 3台1セットのモニター(写真上部奥)に、体重、生年月日、ブリーダー名が次々と映し出された。日本最大級のペットオークション「関東ペットパーク」(埼玉県)で、競りが始まったのだ。

【別写真多数】オークション会場では8人の獣医師が検査にあたる

 手前に6台あるモニターには、子ネコの中継動画が。100人近くのペットショップ関係者が凝視する。落札希望者は、手元のリモコンで、1000円単位の指値をする。

 競りのスピードはとにかく速い。最初に表示された価格が目まぐるしく更新され、1頭およそ10秒で落札価格が決まる。オークションを主催する「ペットパーク流通協会」の上原勝三会長が解説する。

「オークションは、毎週水曜日に開催されます。今日は96のブリーダーさんが参加して、800頭ほどが競りにかけられます。9割が犬ですね。遠隔地から、インターネットで入札に参加する方もいます」

「ペットフード協会」によると、国内でペットとして飼われている犬ネコの合計は、約1800万頭。犬は微減、ネコは横ばいを続けているが、上原会長は「ペット価格は高止まりしている」と言う。また、競りの現場にいた業界関係者は、こう語る。

「いまは、住宅事情や飼う方の高齢化もあり、散歩が大変な大型犬より、小型犬が人気です。しかし、小さい犬種の場合、交配も出産も難しくなります。いま人気のフレンチブルドッグも、出産が難しい犬種。だから高価格で取引されているのです」

 オークション開始から2時間、現場で調べた。同じ種類でも落札価格にかなりの開きがあるが、フレンチブルドッグは、出品された4頭すべてが数十万円で落札されていた。

 不動の人気3犬種は、トイプードル・チワワ・ミニチュアダックスフント。上原会長によると、「最近はポメラニアン人気が、じわじわ上昇している」という。

「チャンピオン犬を多く保有しているような、遺伝病検査をおこないつつ正しい交配ができているブリーダーさんの場合、落札価格が高くなったりすることはよくありますね。

 一方、不人気な毛色や、“出べそ” だったり噛み合わせが “受け口(下の歯が上の歯の前に出ている状態)” だったりすると、落札価格がそれほど上がらないこともあります」(上原会長)


(週刊FLASH 2020年3月10日号)
posted by しっぽ@にゅうす at 01:25 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする