動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月12日

もし災害が起きたら、愛犬はどうする?知ってほしい避難のこと


Yahoo! JAPAN



いつ起きるか分からない自然災害。災害が起きたとき、家族である愛犬と、どう避難したらよいかも考えなくてはいけません。あらかじめ災害時にどんな行動をすればいいのか知っておけば、実際に被災したときに役立ちますし、愛犬の命を守ることにもつながります。

ここでは、もし災害が起こったら、愛犬とどのように行動すればいいか紹介します。
ほかにも、「愛犬だけ自宅で留守番中だったら」「愛犬と散歩中だったら」「愛犬と自宅にいたら」と、よくあるシーン別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

もし災害が起きたら、愛犬はどうする?知ってほしい避難のこと
まずは自分の身を守ろう
愛犬だけ自宅で留守番させていたら、どうする?…まずは自分の身を守ろう
外出先で被災したとき、真っ先に気になるのは、「家族や愛犬が安全かどうか」という方も多いのではないでしょうか? 
「愛犬は自分の命と同じくらい大切な存在だ」という方も多いと思いますが、愛犬にとっても飼い主さんの存在はとても大切なものです。まずは自分自身を守ることを最優先に考えましょう。「ケガなどはないか」「二次災害の恐れはないか」「自宅まで安全を確保できるか」「避難経路は確保できているか」など、自分の身の安全を確保してください。飼い主さんが危険にさらされることは、愛犬の危険にもつながってしまいます。

愛犬を迎えに行くのは、自宅まで安全に向かえる目途が立ってからにしましょう。
自宅へ帰ることが難しい場合は、近所の知人や仲のいい飼い主さんなどに、愛犬の様子を確認してもらえるかどうかも考えてみましょう。

もし災害が起きたら、愛犬はどうする?知ってほしい避難のこと
無理に自宅へ戻らない
愛犬との散歩中に災害が起こったら、どうする?…無理に自宅へ戻らない
愛犬との散歩中に災害に巻き込まれた場合、「早く帰らなければ」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?  しかし、無理に自宅へ戻ることがかえって危険なこともあります。

倒壊した家屋や電信柱など、ケガや事故につながる可能性もあるので、近づいてはいけません。とくに、津波の心配がある沿岸部や土砂崩れの恐れがある地域などでは、自宅へは戻らずにそのまま避難しましょう。
愛犬と一緒に遠方へ外出している場合は、周りの人の避難に合わせて、その地区の避難所へ行くのがいいでしょう。

愛犬といっしょに自宅にいるときに起こったら、どうする?…「同行避難」を考えよう
最後は、自宅で愛犬と一緒に被災した場合です。

まず考えてほしいのは、「同行避難(ペットと避難所まで安全に避難すること)するかどうか」ということです。災害が発生すると自治体などから避難指示が出されるのが普通ですが、自分が危険だと感じたら、避難指示を待たずに愛犬を連れて逃げる判断をしましょう。たとえ家の周辺に大きな被害がないからといって、その後も安全とは限りません。

災害の規模によっては、一刻を争う場合もあります。「同行避難」する際は、落ち着いて、無理のない範囲で避難支度を済ませてから避難しましょう。ふだんから、すぐに持ち出せる場所に非常用袋などを用意しておけば、いざというときに慌てずに済みます。

いかがでしたか?  災害時にどう行動すればいいか知っているだけで、いざというときに落ち着いて判断する余裕が生まれます。安全なときこそ、災害時にどう行動するのか考えてみてはいかがでしょうか? 

参考/「いぬのきもち」2017年『愛犬の緊急時対策マニュアル』(監修:しつけスクールCan! Do! Pet Dog School代表 西川文二先生)
イラスト/尾代ゆうこ
文/UTAにゃん

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:23 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする