動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月15日

仏カルフール、動物福祉の卵販売へ 生まれる前に性別判定

ニッポン消費者新聞



仏スーパー大手のカルフールは鶏卵生産業者とタッグを組み、卵の段階で雄雌を判定する技術を導入する。仏政府は2021年末をめどに雄ヒナの殺処分を禁止する意向で、こうした動きに対応した。欧州では動物福祉(アニマルウェルフェア)の観点から複数の虐殺防止プロジェクトが進められており、18年末ごろから数量は少ないながらも動物福祉対応のブランド卵が流通しているという。

鶏卵生産業者Les Fermiers de Loueが独AAT社の技術を導入し、卵の生産をおこなう。高度な光学式選別機を用いて卵の段階で雌雄を判定する仕組みで、雄の卵を排除し、雌ヒナのみを産卵鶏に育てていく。通常の生産現場では、生まれたばかり(1日齢)のヒナの段階で性別を判定し、雄ヒナはすぐに殺処分されていた。

ただし、新技術による生産はコストがかさみ、Les Fermiers deLoue幹部は「鶏1羽あたり1ユーロ、卵1個当たり約1セントの追加費用がかかる」とコメント。約3万羽の規模で卵を生産し、カルフールの店頭に並ぶのは5月になる予定だという。

欧州では2018年以降、独仏を中心に動物福祉に対応した卵の生産が徐々に拡大。雄ヒナの殺処分防止だけでなく、産卵鶏を早期処分せず、寿命をまっとうさせる取り組みも行われている。こうして生産された卵は非常に高価だが、売れ行きは好調だという。


posted by しっぽ@にゅうす at 01:07 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。