動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月20日

動物愛護条例 制定を目指す 金沢市が新年度

中日新聞



金沢市は新年度、動物愛護条例の制定を目指す。山野之義市長が十三日、市議会三月定例月議会の一般質問で明らかにした。

 山野市長は「人と動物が幸せに暮らす社会の実現のために条例を制定し、理念を市民と共有することが大切」と述べた。

 市はこれまで、飼い主のいない猫の不妊去勢を支援し、犬のしつけ教室や猫の譲渡会も開いている。市保健所によると、二〇一七年度から自然死を除く犬猫の殺処分数はゼロ。市が引き取る犬猫の数も一八年度の百十七頭から一九年度は二月末現在で二十五頭まで減少している。

 担当者は「いまだに野良猫に餌を与える人も少なくない。飼い主や事業者も含めて、市民全体に意識を共有するためにも、条例の制定を目指したい」と話す。(小川祥)


posted by しっぽ@にゅうす at 09:05 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。