動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月24日

愛犬と一緒に思い出を作る方法3つ!最初から最期まで、最高の犬生を。

Yahoo! JAPAN



愛犬との思い出作り@旅行やお出かけ

定番中の定番ですが、思い出作りと言えばやはり「旅行」ではないでしょうか。

近年では犬と一緒に行くことができる場所が非常に増えてきています。公園や山の中のドッグラン、犬OKの海水浴場、牧場など自然とたっぷり触れ合うことのできる施設から、遊園地や水族館、アウトレットモールなど人気の観光施設まで犬を受け入れてくれるところが続々と増えてきているのです。

また、犬と一緒に泊まることができる施設もコテージやペンションなどだけでなく、大手グループホテルや老舗ホテルなども一部犬OKとしているなど泊まる場所の選択肢も増えてきています。旅行では犬と一緒に非日常を味わうことができ、愛犬の新たな一面を見つける機会にもなります。

また、旅行や遠出のお出かけはむずかしいという場合には毎日のお散歩コースを変えるだけでもいいと思います。行ったことのない公園を目指したり、歩いたことのない道を進むというだけでも犬にとっては十分な刺激となり、いつも以上に楽しいお散歩になるはずです。

愛犬との思い出作りAしつけやスポーツに取り組む

犬と充実した思い出を作りながら絆を強めることもできるという点から、しつけトレーニングやドッグスポーツに取り組むということもおすすめです。しつけは「おすわり」「待て」などを教えるだけでなく、グループレッスンに参加したり家庭犬とその飼い主を対象としたしつけの認定試験である「グッドシチズンテスト」にチャレンジしたりするのもいいでしょう。

漠然としつけをしているだけだと楽しみを見つけづらく、マンネリ化してある程度のところで成長が止まってしまうこともめずらしくありません。そこでグループレッスンでハイレベルな犬と飼い主のペアを見たりテストに挑戦したりすると、大きな刺激となってより充実したトレーニングができることでしょう。

また、ドッグスポーツも同様で楽しみつつも目標を持ち愛犬と一緒に努力するために最適なことだと思います。目標に向けて努力を重ね、それを達成した時の充実感はとても大きなものだと思います。そして共に取り組むことがあることでパートナーとしての結束がより強まるに違いありません。

愛犬との思い出作りB誕生日パーティーをする

愛犬との思い出作りとして、年に一度の誕生日を愛犬を主役にして思い切り楽しむ日と決めるのもいいでしょう。犬の場合、人間の子どものように七五三や入学式・卒業式など年齢で区切られるような行事がないため、生後1年を過ぎるとその成長をはっきりと感じ取りにくいとされています。

実際、愛犬の誕生日も2〜3歳頃までははりきってパーティーをしたりケーキを用意していてもだんだんと流してしまいがちになる傾向があります。

そのため、愛犬の誕生日をきちんと祝うことでその成長をしっかりと振り返ったり、これからの1年で愛犬と何にチャレンジするかを決めたりする日にしてみるのもいいのではないかと思います。誕生日には犬OKの写真スタジオで撮影をしてもらったり、お気に入りの場所に出かけるなど恒例行事を作るのも思い出作りとしておすすめです。

まとめ

愛犬と過ごすことができる時間はそれほど長くありません。しかし、日々忙しくしているとついそのことを忘れて愛犬との散歩の時間を十分作ってあげることができなかったり、コミュニケーションがおろそかになってしまったりすることも…。愛犬との時間を共に充実したものにするために、ここで紹介したことを参考に思い出作りをしてみてはいかがでしょうか。


posted by しっぽ@にゅうす at 04:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。