動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月29日

犬が精神的に弱ってる時にする仕草や行動5つ

Yahoo! JAPAN



精神的に弱っているときにする5つの仕草や行動

1.固まる
ストレスがかかっているときや、警戒しているときなどに固まって動かなくなってしまうことがあります。混乱していたり、様子を探ったりしている状態です。精神的に消耗してしまうため、緊張が解けてもぐったりしてしまったりします。

動かない、ではなく動けない状態なので良い状態とは言えません。犬が頻繁に固まるようであれば何か原因があるはずです。その原因を特定して、犬が安心できるようにしてあげてください。

2.飼い主さんから離れない
精神的に弱っていると飼い主さんから離れず、ついて歩くようになります。また飼い主さんが見えなくなると吠えたり、鳴いて呼んだりすることもあります。精神的に不安定な状態であるため、頼れる人や安心できる人のそばにいたいという現れでしょう。

3.吠える
不安になることで吠え続けるようになる犬もいます。例えば分離不安症などの場合、愛着を感じている飼い主さんから離され、一人になると強い不安に襲われ問題行動を起こすようになります。その中のひとつに無駄吠えがあります。吠えることで不安を和らげようとしたり、要求を通そうとしたりしているのです。

不安からくる無駄吠えはただ叱っても逆効果になってしまうことが多く、対応が難しいのでドッグトレーナーさんや獣医さんに相談してみてください。飼い主さんの自己流でしつけをしてしまうと悪化してしまうこともあるためです。もし心のケアが必要な場合は専門家の指示に従ってください。

4.同じ行動を繰り返す
ストレスがたまったり精神的に弱ってきたりすると、どうしたらいいかわからず全く関係のない行動を繰り返したりします。行動自体に意味はなく、ただ繰り返しているだけです。

しっぽを追いかけたり、足先を舐めたり、同じ場所をウロウロしたり、意味のない行動を繰り返します。一時的なものであれば問題はありませんが、継続的な場合は精神的なケアが必要になる場合があります。

5.逃げ出す
怖さが限界に達すると、脇目も振らずに逃げ出す犬もいます。逃げ出す前に呼吸が荒くなる、そわそわする、体が震えるなどの行動が見られることがあります。また逃げ出す前に攻撃的になり噛み付いたりする犬もいます。

犬の場合、花火や雷などの大きな音や知らない人や生き物などが近づいてきたときに逃げ出してしまうケースが多く、そのまま迷子になってしまう場合もあります。犬が逃げ出してしまう前に原因を探って取り除いてあげてください。

犬の精神を良い状態にするには?

まずは食事と運動をしっかりとすることです。食事は決まった量を大体決まった時間に与え、1日に1回〜2回の散歩をします。そしてもうひとつ大事なのが飼い主さんとのコミュニケーションです。飼い主さんから無視されたり、コミュニケーションが不足したりしていると精神的に不安定になることがあります。遊んであげたり、身体を撫でたりすることで、犬は満足感を得ることができます。

またマッサージや撫でるといったコミュニケーションは病気や怪我を早めに見つけることにも役に立ちます。早めに見つければそのぶん早く治療を行うことができます。そういった意味でもコミュニケーションは大切なものなのです。

まとめ

犬も精神的に弱ってくると様々な行動をとるようになります。その行動から犬の気持ちや状態をわかってあげられるかどうかは、日頃のコミュニケーションによって変わってきます。いつも見ているからこそちょっとした変化や、おかしな行動がわかるのです。

精神的に弱ってしまった場合、心のケアをしてあげなくてはならないこともあります。獣医さんからのアドバイスに従って、支えていってあげましょう。


(獣医師監修:平松育子)


posted by しっぽ@にゅうす at 01:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。