動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月27日

「ペットをなでたら手洗いを」 仏医学団体、感染リスク排除できず

Yahoo! JAPAN


【AFP=時事】フランスの医学団体は25日、ペットの犬や猫をなでた後には手洗いなどの予防策を取るよう飼い主らに呼びかけた。動物から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染するリスクが「排除できない」ことによる勧告だ。

【図解】新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(26日午前4時時点)

 勧告した仏国立医学アカデミー(National Academy of Medicine)によると、飼育動物が新型コロナウイルスを人にうつしたり、同ウイルスによって病気になったりすることを示す証拠はまだないが、潜在的なリスクは存在しうるという。流行病に関する助言を政府に提示する組織の同アカデミーは、COVID-19に特化した監視グループを立ち上げている。

 勧告に伴い同アカデミーは、新型コロナウイルスと遺伝子的に近縁種のコロナウイルスが2002〜03年に引き起こした重症急性呼吸器症候群(SARS)の集団発生で、アライグマ、猫、ハムスターなどを含む複数の動物種が感染したことを指摘している。

 アカデミーはまた、香港の新型コロナウイルス感染者が飼っていた犬2匹も検査で陽性反応が出ていることにも触れた。うち1匹はウイルスの数が非常に少なく、その後の検査で陰性となったが、もう1匹は今なお経過観察中だという。

 どちらの犬も病気の兆候を示していないが、「新型コロナウイルスが感染した飼い主から犬へとうつる可能性が今回の科学的観察によって示唆されている」と仏医学アカデミーは説明。ただ、犬が人間や他の動物を感染させる可能性があることを示唆する証拠については、これまでのところないとした。

 アカデミーは今回、動物から人への感染について、フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)と国際獣疫事務局(OIE)がその可能性を低いとしていることを再確認している。それでもペットの飼い主に対しては、動物に触れたら必ず手洗いをすることや「ペットに顔をなめさせないこと」などの衛生対策を「強化」するよう勧告した。【翻訳編集】 AFPBB News
posted by しっぽ@にゅうす at 15:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする