動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年02月16日

増える犬の現代病、「隠れアレルギー」。なりやすい犬種は?

Yahoo! JAPAN



元気そうに見えても、実は「アレルギー」かも!?
「現代病」とは、産業の発展や都市化に伴い、生活習慣や環境が変化することで目立つようになってきたさまざまな病気のことです。人でもよく聞かれるようになってきたフレーズですが、実は犬にもその危険性があるんです。
今回は、「現代病」のひとつである「隠れアレルギー」について紹介します。

症状があらわれるまでの“グレーゾーン”が「隠れアレルギー」
今はアレルギーの症状が出ていない犬でも、体内ではアレルギーになる準備が進んでいることがあります。このような症状が出る前の準備期間を「隠れアレルギー」といいます。これまではアレルギーかそうでないかを判断することしかできませんでしたが、獣医学の発展で、グレーゾーンの段階からアレルギーを見つけられるようになりました。
早めに把握できれば、重篤な病気の予防にもつながります。

隠れアレルギーの種類って?
隠れアレルギーはアレルギーの原因となる物質(アレルゲン)の種類によって「食物アレルギー」と「環境アレルギー」の2種類に分けられます。
食物アレルギーは、肉・魚・卵など、食べたものが原因で症状が引き起こされます。
環境アレルギーは、花粉やハウスダストなど、生活環境が原因で引き起こされるアレルギーです。

犬種によってアレルギーになりやすい?
遺伝的にアレルギーになりやすいといわれている犬種は、隠れアレルギーである可能性も高いです。また、神経質な犬は少しのかゆみでも我慢できないために体が反応しやすく、反対に我慢強い犬はかゆみがあっても体をかくのを我慢してしまい、症状に気づきにくいので要注意。
肥満の犬もアレルギーに関わる血液の成分「IgE」が増えやすいので、隠れアレルギーになりやすいです。

前へ 1 / 10 次へ
増える犬の現代病、「隠れアレルギー」。なりやすい犬種は?
ダックスフンド系
隠れアレルギーになりやすい犬種
ダックスフンド系


パピヨン


フレンチ・ブルドッグ


ウエスト・ハイランド・テリア





ラブラドール・レトリーバー


ゴールデン・レトリーバー


マルチーズ


パグ


プードル系

増える犬の現代病、「隠れアレルギー」。なりやすい犬種は?
アレルギー症状は静かに現れます
アレルギー症状は静かに現れます
アレルギーは、症状が出るまでの間は体内で静かに増えていくので、気づきにくいものです。
頻繁にかゆがったり、ウンチの回数が増えるなど、犬にいつもと違う様子が見られたら動物病院を受診するなどして確認してみましょう。

参考/「いぬのきもち」2018年9月号『いま、気をつけたい犬の現代病 隠れアレルギー』(監修:動物アレルギー検査株式会社代表取締役社長/獣医師・獣医学博士 増田健一先生)
イラスト/山村真代
文/\(m.h)/

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【獣医師監修】犬も肥満は万病のもと!太りすぎが起こす怖い病気と意外なリスク

Yahoo! JAPAN


愛犬の体重管理、ちゃんとしていますか?  最新の研究では犬の肥満はさまざまな病気につながる一因となることがわかってきました。今回は肥満が引き起こす病気についてご紹介します。

肥満についての最新の研究では、肥満は「慢性の炎症」の原因のひとつになることがわかってきました。「慢性の炎症」とは、体内で慢性的に長く続く弱い炎症のこと。これが長引くとさまざまな病気につながるといわれています。また、下記のような病気につながることも。

●糖尿病
肥満になると、血糖値を下げるインスリンの働きを弱めます。それに伴うさまざまな影響が体内に生じ、最終的に血糖値が高い状態になる糖尿病を発症します。糖尿病になると、さまざまな合併症を引き起こすことに。

●膵炎(すいえん)
肥満の原因ともなる高脂肪の食事をとっていると、膵臓への負担が大きくなり、膵臓の消化機能がうまく働かなくなる恐れがあります。本来十二指腸へ分泌される膵液が膵臓そのものに悪影響を及ぼすと、炎症(=膵炎)を起こします。

●呼吸器疾患
肥満のために首の周囲に脂肪がつくと、気道が圧迫され、呼吸がしづらくなることがあります。セキやいびきの原因になったり、呼吸のしづらさから体温を下げることが難しくなり、熱中症などにかかりやすくなることもあります。

●心臓病
体重が増えるほど体内に血液を送る量が多くなり、心臓の大きさは変わらないので、結果、心臓に負担が増えることに。肥満は心臓病の発症リスクを高めるとともに、心臓病特有のセキの頻度も高くなりがちです。

●尿路疾患
膀胱炎や尿石症など尿路疾患にはさまざまな原因がありますが、太って内臓脂肪が増えると、尿路を圧迫し、尿の通過を妨げたり、炎症を起こす原因になったり、病状を悪化させる恐れがあります。

●骨関節炎・椎間板ヘルニア
重症化すると歩行困難になってしまうこともある骨関節炎や椎間板ヘルニア。肥満によって足腰への負担が大きくなると、骨や関節の病気を引き起こす原因になったり、病状を悪化させることになります。

前へ 1 / 2 次へ
【獣医師監修】犬も肥満は万病のもと!太りすぎが起こす怖い病気と意外なリスク
【獣医師監修】犬も肥満は万病のもと!太りすぎが起こす怖い病気と意外なリスク
さらに麻酔のリスクが増加することも!?
麻酔の量は体重によって比例します。そのため、肥満犬は麻酔の量も多く必要に。さらに脂肪が多いと麻酔薬が残りやすくなり、麻酔から目覚めるまでの時間も長くかかる傾向にあり、麻酔のコントロールが難しくなります。

病気のリスクを避けるためには日ごろから肥満の予防&解消に努めることが大切です。もしも「愛犬が太っているかも?」と思ったら、動物病院を受診して、肥満の治療に取り組みましょう!


参考/いぬのきもち18年11月号「いま、気をつけたい犬の現代病 肥満」(監修:日本動物病院協会認定獣医内科認定医・小宮山典寛先生)
イラスト/石山綾子
文/melanie

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 03:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちゃんと確認できてる?犬が走り回る時に注意すべきこと6選

ネタりか


犬が走り回る時に注意すべきこと1.床で犬が滑っていない?
やんちゃそうな子犬

愛犬を室内で自由に走らせるときは、まずは床が滑らないかキチンと確認しておきましょう。犬は人よりも滑りやすいので、床材がフローリングのような滑りやすい素材のものだと転んでケガをしたり、足や腰などに変な力がかかることで関節を傷めてしまったりする可能性があります。

ですので、なるべく犬の体に負担をかけない床材、滑りにくくてクッション性のあるものを床に敷くようにしましょう。例えば、コルクマットやカーペットを使うと簡単に滑り止め対策ができるのでおススメですよ。

犬が走り回る時に注意すべきこと2.危険なものは落ちていない?
部屋を見る犬

犬が元気よく走り回るときは少し興奮気味になっていることが多く、結果的に周りのものをちゃんと見れていない可能性があります。愛犬が走り回っている場所で危険なものが落ちていると気づかずに踏んでしまってケガをしたり、とっさに気になったものをパクっと食べてしまうことがありますよ。ですから、あらかじめ危険となるものを取り除いてあげることが大切といえるでしょう。

犬が走り回る時に注意すべきこと3.ぶつかると危険なものがないか確認
テーブルの前のソファーに座る犬

室内や庭で犬を走らせるときは、ぶつかると危険なものがないか確認することも重要となりますよ。例えば、愛犬が勢いよく走り回っていたところ、テーブルの脚にぶつかったり家具の角の部分にぶつかったりという話はよくあります。

ぶつかるとケガをしそうなものがあるときは、片付けたり部屋の隅に寄せてなるべく危険を無くしてあげてから、走り回らせるようにしてあげると良いと思いますよ。

犬が走り回る時に注意すべきこと4.段差のあるものがないか確認
階段を覗く犬

犬が走り回っているスペースに段差があると、犬は走りながらジャンプをしてその段差に上ることがあります。低い高さならそれほど問題はないのですが、割と高さのある段差を上った場合犬の足腰に負担をかけてしまうことがあるので要注意です。特にダックスフントやコーギーなどの犬種は他の犬種と比べて、足腰に負担をかけやすく椎間板ヘルニアになることがあるので、高さのある場所へのジャンプは危険な行為といえるでしょう。

犬からすると少し障害物があった方がワクワクするのでしょうが、犬の体のことを考えると高さのある段差は取り除いてあげるべきだと思いますよ。

犬が走り回る時に注意すべきこと5.外で走らせるときは周りに気をつけよう
走り回る犬

広い場所で犬を思いっきり走り回らせるのはとても良いことだと思います。全力で走るととても気持ち良く感じると思いますし、解放感たっぷりでストレスも発散できることでしょう。ただ、愛犬を思いっきり走らせるとき、飼い主はつねに周りの状況を気にすることが大切となりますよ。

キチンと周りの状況を確認せずに愛犬と一緒に夢中になって遊んでいると、他の人達に迷惑をかけてしまうことも考えられます。例えば、大きな公園などには子どもを連れた家族やあなたと同じように犬と遊びにきている人はたくさんいますよね。周りを気にせずに愛犬と夢中になって走っているとそういった人達とぶつかる可能性がありますし、愛犬がつい興奮しすぎていつもより攻撃的になった結果、子供や他の犬を噛んでしまった!なんてことになるかもしれません。

そういった事故を起こさないように、飼い主は愛犬と楽しみつつも周りの状況を確認することが大切といえるでしょう。

犬が走り回る時に注意すべきこと6.リードを長くしすぎていない?
リードを付けて走る犬

大きな公園で犬を散歩させるときに、10M以上の長さがあるリードを目一杯伸ばして散歩をさせている人がいます。こういった長いリードは自由に犬を走り回らせる場合、とても便利なアイテムとなります。

ただ、長いリードを使って犬を走り回らせているときは、リードをしないで犬を散歩させている状態になっているのとほぼ同じ状況といえます。しつけがちゃんとできている犬なら何かあればすぐに呼び戻せますが、キチンと飼い主のいうことを聞けない犬の場合だと、周りに迷惑をかけてしまうことでしょう。また、例えしつけがちゃんとできている犬でも、周りの人からするとどれだけ賢い犬なのかは分かりません。結果として、知らない犬が長いリードで放し飼い状態になっている状況を見て怖く感じてしまう人は多くいることでしょう。

長いリード自体には絡まりやすいという弱点があり、なにかに絡まって逆に犬が走りにくくなってしまうことがあります。また、長く伸ばされたリードに気づかずに、通りがかった人や犬が引っかかったりする危険性も考えられますよ。

そういった理由から、誰かがいるときはリードを長くしすぎないように気をつけることが大切となります。少し辛口になってしまいましたが、もちろん周りに誰もいない場合は、リードを長く伸ばして愛犬を走り回らせてあげると良いと思いますよ。

まとめ
走るマルチーズ

愛犬を思う存分走り回らせてあげたい。そう思う飼い主は多くいることと思います。愛犬が安全に走り回るためには、あらかじめ飼い主が危険を取り除いてあげることが重要といえそうですね。少し気をつけるだけでケガや事故を防げますので、愛犬が走り回るときは周りに危険なものがないか見回して安全な環境をつくってあげましょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

犬を飼う時に準備したい将来への備え5つ

ネタりか



1.金銭の準備
たくさんのお札の上で眠る犬

犬を飼うということは人間の子供を育て、共に暮らすことと変わりありません。
違うのは、教育費や習い事のお金が掛からないことと、親離れしないことぐらいで、お金が必要であることは変わりありません。

むしろ、医療費に関しては、全て自由診療で実費となり、人間の子供にかかる医療費よりも高額になります。
子供を育てるのであれば、子供手当やいろいろな助成金を受けることができますが、犬を飼う場合、何の補助もありません。

例えば、もし犬がケガをしたり、病気になったりしたときに十分に治療を受けさせることもできず、結果、手放したり、飼育放棄したりするしかなくなります。
ですから、人間の生活だけで毎月、貯金もできず、外食や旅行も我慢しなければならないような状況では、犬を飼うべきではありません。
では、具体的に犬を飼う場合、どんなことにお金が必要になるのでしょうか?

食費
小型犬なら毎月 3千〜4千円。中型犬なら5千〜7千円。大型犬なら8千〜9千円。
手作り食や、療養食だともっと高額になります。

医療費
フィラリアやノミ、ダニの予防で毎月三千円程度。
シニアになるにつれ、医療費は高額になっていく傾向があります。

その他
トリミング代、ペットホテル代、トレーニング代などの費用が必要になる場合があります。

2.躾、トレーニングの有無
訓練中の犬と男性

プロに任せる場合
大型犬や、自治体によって他の動物を襲う可能性があるということで、「特定危険犬種」と指定されている犬を飼う場合に、プロのドックトレーナーや訓練士に任せるという選択肢があります。
もし、家族に迎えると決まっている犬が「特定危険犬種」と指定されている犬種だったり、大型犬で家庭犬としてきちんと躾ける自信がなかったりしたら、その犬を実際に家族として迎える前に、訓練してくれる人を探し、直接会って、決めておきましょう。

飼い主さん自身で躾ける場合
本やネットなどで知識を収集するのはもちろん、できればすでに犬を飼っている人から話を聞いたり、実際にどんなふうに犬の躾をしているのかを見せてもらったりしましょう。

3.かかりつけの病院を決めておく
獣医さんの診察を受ける犬

きちんと犬の健康管理をするのであれば、遠慮なく質問できて、愛犬の体のことをよく知っておいてもらい、なおかつ、飼い主さんとも円滑にコミュニケーションが取れるかかりつけの動物病院を決めておきましょう。
これも、ネットでの口コミで確認する方法もありますが、近所の犬を飼っている人から情報を収集するのが最も的確な情報が得られます。

また、もし、愛犬のトレーニングを訓練士さんやドックトレーナーさんにお願いするのであれば、そういったプロの人たちから動物病院について、話を聞いてみるのも良いでしょう。

ワクチン接種
狂犬病、ノミ、ダニの予防、混合ワクチンなどの予防接種が必要です。
年間で、2万円ほどかかります。

健康診断
シニア期になってからや、病気になってから定期的に健康診断をするより、若く、健康なときから健康診断をしておくと、状態の良いときの数値がわかります。
さらに、ずっと同じかかりつけの動物病院でなら、継続して診てもらえることで愛犬の健康状態だけでなく、精神状態も獣医さんに伝わりやすくなります。

避妊去勢について
愛犬に対して、避妊手術や去勢手術を受けさせるかどうか、家族で話し合っておきましょう。

4.シニア期への準備
シニアのラブラドールレトリバー

バリアフリー
人間同様、犬も歳を取ると足腰が弱ってきます。
家中全てをバリアフリーにするのではなく、飛び上がったり、飛び降りたりしなくても良いように、部屋の家具を買えたり、踏み台を用意したりする必要があります。

滑りにくい床
フローリングは滑りやすく、足の関節に大きな負担がかかります。
また、滑って怪我をする可能性もあるので、生涯室内飼育を考えているのなら、シニア期を迎えるまでにクッションフロアなど、愛犬の足に優しい床材に変えられるように計画しておきましょう。

静かな住環境を整える
シニア期になると、眠っている時間が多くなります。
ゆっくりと落ち着いて、静かに眠れる場所が確保できるように、金銭的な準備や家の住環境が整えられるかどうかも、考えておきましょう。

5.看取りへの心構え
天使の羽を生やした犬

愛しく思い、たくさん楽しい思い出があればあるほど、別れは辛いはずです。
ですが、その別れからは絶対に逃げられないのです。
愛犬を家族として迎え入れる決心よりも、この子の最期を看取れる覚悟はあるか?と、今一度しっかりと家族で話し合いましょう。

まとめ
赤ちゃんを抱く母親と子犬を抱く父親

犬は、あなたの家族となったとき、生涯、全力であなたとあなたの家族を愛し抜いてくれます。
ただし、人間だけで暮らすよりも煩わしいと感じることもありますが、それ以上に犬は私たち飼い主にたくさんの幸せを与えてくれます。

犬を飼うときに準備することは、金銭や知識も確かに必要です。
けれども、何よりも大事なのは愛犬となる犬に、幸せな時間を与えられる飼い主になれるように努力することではないでしょうか。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

Yahoo! JAPAN



<キャリーケースから子犬を掴み出し、モノのように投げつけた動画がソーシャルメディアに拡散し、韓国中で怒りを買っている>
韓国の江原道江陵市で2月9日、買ったばかりの生後3カ月の子犬の返品を断られた女性が、激高して子犬を殺してしまう事件があった。警察は2月13日、動物保護法違反の疑いで捜査に着手した。

この記事の動画を見る

ペットショップの店長によると、女性は事件当日の朝にマルチーズの子犬を購入したが、数時間後に再び来店し子犬の「返品」と返金を求めた。この子犬は自分の糞を食べるのでいらないという。

店長は返金を断り、犬は環境の変化などが原因で糞を食べることもあると説明した。すると女性は怒り出し、子犬を店長に向かって投げつけた。子犬は店長にぶつかり床に落ちたと、韓国の英字紙コリア・タイムズは報じる。

店長は、やがて嘔吐を始めた子犬を動物病院に連れて行ったが、数時間後に死亡した。獣医師によれば、死因は頭部外傷による脳出血だった。

店長は女性に対し「動物虐待と名誉棄損で告訴する」旨の文書を送ったが、女性は「犬を殺したのはそっちなのに、責任転嫁しないで」と反論。法的措置を取る可能性も示した。

動画で炎上、謝罪
事件から4日後の2月13日、その一部始終をとらえた防犯カメラの動画が公開されるとソーシャルメディア上で非難が殺到。女性はその後、韓国・聯合ニュースの電話取材でこう釈明した。

「店長は返金が可能と言ったのに、返金を拒んだから、私もカッとなって子犬を投げつけた。本当に死ぬとは思わなかった。翌日、冷静になって店長に長文のテキストメッセージを送り、彼と子犬に謝罪した。子犬が死んだと知りショックだった。本当に申し訳ないことをしたと後悔している。自分自身を許せないし、批判されて当然だ。もうこれ以上大げさに騒ぎ立てたくない。残りの人生で自分の行動を反省し、野良犬のシェルターでボランティアをする」

捜査は継続中で、女性はもし動物虐待で有罪となれば最高で懲役2年、または最高で2,000万ウォン(1万7,807ドル)の罰金が科せられる。

(翻訳:河原里香)

バイシュナビ・バイダナサン
posted by しっぽ@にゅうす at 08:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

韓国、動物保護団体代表が犬猫200匹超を安楽死 告発者「増えて保護しきれず」

東京新聞


韓国で伝統的な犬食の禁止を訴えてきた動物保護団体の代表が、保護した犬や猫を安楽死させていたとして内部告発され、波紋が広がっている。支援金をだまし取った詐欺や動物保護法違反などの疑いで、警察も捜査に着手。犬食の是非をめぐって対立してきた食用犬の飼育業者らからも非難の声が上がっている。 (ソウル・中村彰宏、写真も)

 安楽死させていたのは、動物保護団体「ケア」のパク・ソヨン代表。ケアは二〇一七年五月、文在寅(ムンジェイン)大統領に、捨て犬だった「トリ」を贈っている。

 告発した団体職員によると、パク代表は「動物の数が増えて保護しきれなくなった」との理由で、一五年から昨年までに二百匹以上を薬物を注射して安楽死させ、廃棄するよう指示。外部には「里親に引き渡した」と伝えていたという。

 パク代表は今年一月十九日、会見を開き、安楽死の事実は認めたものの、「人道的な安楽死だった」と釈明。安楽死させたのは、けがを負ったり、性格が攻撃的だったりした動物だけだと主張し、代表の辞任は否定した。一方、告発によると、健康な犬や猫もいたという。

 別の動物保護団体や市民団体は、ケアが「安楽死のない保護所」を掲げ、会費や支援金で年間約五億ウォン(約五千万円)以上を得ながら安楽死させたのは、詐欺にあたるなどとして刑事告発。警察はこれを受理して捜査を始めた。

 韓国では伝統的に滋養食として犬を食べる習慣があるが、ケアをはじめ動物保護団体などは「犬を食べる必要はない」として犬食の根絶を訴えてきた。一方、食用犬の飼育業者らは「犬食は韓国の文化。われわれにも生存権がある」と主張。近年、食文化の変化やペット意識の高まりもあり、より対立が深まっていた。

 こうした中での安楽死事件の発覚を受け、業者らは保護団体側への追及を強めている。飼育業者らでつくる大韓肉犬協会は一月、大統領府前で集会を開き、徹底的な捜査と、ケアに対する社団法人認可の取り消しなどを求めた。

 「安楽死のどこが動物愛なのか。われわれは虐待も安楽死も絶対にしない」と業者らは批判。「わが国には食用犬と愛玩犬が共存する。それぞれを認めて、法で管理すべきだ」と、政府に対してあらためて食用犬の合法化を要求した。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:44 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬目線から見た「今年こそ飼い主さんに直してほしいこと」5つ


Yahoo! JAPAN



ここでは、犬が迷惑だと感じる“飼い主さんの問題行動”をご紹介します。ご自身の行動と照らし合わせて、当てはまるものがある場合は要注意!「今年からはもぅしない!」と愛犬に誓い、いい飼い主さんを目指しましょう。

かまい過ぎる
愛犬がかわいいあまり、嫌がっていることに気付かず、過剰にスキンシップはしていませんか?  触られることが苦手な犬の場合は、手を伸ばしてくる人を怖がるようになることもあるので、スキンシップは犬が嫌がる前におしまいにしましょう。

くどくど叱る
くどくどと叱る行為も控えたいものです。複雑な言葉がわからない犬には、飼い主さんの怒っている表情しか伝わらず、その空間に居心地の悪さを感じてしまいます。壊されると困るものなどは犬の届かない場所に置いて、叱らずに暮らせる環境づくりを心掛けるといいでしょう。どちらも飼い主さんに対して、居心地の悪さを感じる行為なので、家が落ち着かない場所になる前に加減を覚えたいですね。

犬目線から見た「今年こそ飼い主さんに直してほしいこと」5つ
犬と男の子
気分で接し方を変える
例えば、飼い主さんの機嫌のいいときだけソファに乗ることを許して、機嫌の悪いときはダメと叱るような行為が挙げられます。これは飼い主さんの態度が一貫しておらず、感情の機微を察することのできない犬は、やっていいことがわからなくなって混乱してしまいます。気分に波があるのは仕方ありませんが、ルールは気分で変えないように心がけましょう。

また、家族によってルールが違う場合も、犬が困惑するのでNGです。しつけの方針は、家庭内でしっかり話し合っておくといいでしょう。

犬目線から見た「今年こそ飼い主さんに直してほしいこと」5つ
迷惑そうな犬
酔っぱらって愛犬に絡む
人は酔っぱらうと、声や動作が大きくなりがちです。犬はいつもと様子が違うと感じますが、それが酔っているせいだとは理解できないため、挙動不審な飼い主さんを見て「怖い」と感じてしまいます。
これを繰り返すうちに、酔っていないときまで怖がるようになることもあるので、酔った状態で犬に絡むのはやめましょう。

愛犬の前でケンカをする
愛犬の目の前でケンカをするのも、犬に不安を与えるので避けてください。どちらかの見方をして、犬が吠えかかるなどのトラブルを招くことも。ケンカになりそうな場合は、犬が険悪な雰囲気を感じ取る前に、別の部屋へ移動するようにしましょう。どちらも飼い主さんの態度に、愛犬が不安や恐怖を覚える行為なので、愛犬の信頼を失う前にやめたいですね。日常の何気ない行動ばかりなので、ドキッとさせられた人もいたのではないでしょうか。しかし、愛犬は飼い主さんの行動をよく見ています。今年こそ、いい飼い主さんになれるように、犬が不快に感じる行動は直していきましょう!

参考/「いぬのきもち」2017年3月号『犬目線だとこう見える! 飼い主さんの「問題行動」』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 さいたま市動物愛護推進委員 戸田美由紀先生)
文/こさきはな
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする